連載 齋藤薫の美容自身stage2

恋人にイラつく女たちへ

公開日:2015.04.23

人気連載「齋藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「齋藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

だいたいいつも、恋人にイラついている女……それはこの世にとっても多い。「私たち、このまま付き合ってくの?それとも別れる?あなたはどうしたいの?」付き合いはじめて2年もすると、こういう話題を日常的に持ち出してしまう女は、けっこう多いのだ。これはいわゆる“別れ話”ではない。単なる質問でもない。恋人にだいたいいつもイラついている女が、男に対してやりがちな“問いつめ”ってやつである。「続けるの?それともやめる?」なぜ相手にそう詰めよらなければならないか?

たぶんひとつには、“結婚する気があるかどうか?”それを確かめるための誘い水なのだろう。「いや、オレはやめる気はないよ。時期が来たら結婚しようよ」そのひと言が聞きたいから、この極端な質問を女は投げかける。もちろんそこで“結婚”の2文字が彼の口から聞ければ、イラつきは即刻おさまるのだが、そういう言葉が出てこないと、このイラついた問いつめは、当然かもしれないが、あまり“良い結果”を生まない。だって、「続けるの? やめるの? どっちなの?」と言ったあとに、女の口から勢いでついつい出てしまうのは、「私は別れたっていいのよ」の啖呵。そうはあんまり思っていなくても、行きがかり上言わざるをえない。もっとも、彼氏が「じゃあ、別れよっか」とは言わないだろうという80%くらいの確信があるから言える言葉。つまり、悪く言ってしまえばこれ、軽い脅迫なんである。

ちなみに男から「ボクたち続けるの?やめるの?どっちなの?」なんて女が問い詰められることはあまりない。てことはやはり、女が“結婚”を勝ちとるための脅迫? 本当にただの脅迫なら「私はやめてもいいのよ」と言って相手を脅かすのが常套手段だが、“やめてもいい女”との恋愛を続けて結婚まで考えるほど、男はお人好しではない。いや女にだってそんなのよーくわかってる。わかっているけど、自らそういう展開に持ちこんでしまうのは、たぶん女が宿命的にもってしまう焦燥感と、そして、中途半端な彼の気持ちを奮い立たせたい一心からなのだ。

たとえば、バレー部の先生なんかが「おまえ続けたいのか? やめる気なのか? どっちなんだ、ハッキリしろ!!」と迫るのは、本人に“ヤル気”を起こさせたいから。女も問いつめる時にそこをぜったい踏み外しちゃいけない。相手の気持ちをもっとこっちに吸いよせて、恋愛感情をもっと奮い立たせるための問い詰めなのだということを忘れちゃいけないのだ。

白黒ハッキリさせたい……別に今すぐの結婚を望んでいなくても、恋する女にはそういう願望がいつもある。恋愛においては、だいたいが男より女の方がイラつき、“白黒をハッキリさせたい”と思ってる。それはもう遺伝的生理としか言いようがない。特に日本の男はどちらかといえば行動で気持ちを察してほしいと思うのに対し、女はどちらかと言えば言葉でハッキリしてほしい。「好きだよ」「愛しているよ」「キミはボクのたったひとりの恋人で、かけがえのない人で……」みたいなことをいつも言っててほしい生き物。だから時々“白黒ハッキリ願望”がムクムクと湧きあがってくるのは、もう本能みたいなものなのだ。

しかし、“イラつく女”はだいたいが少しひねくれちゃっているから、カワイイ言葉で“白黒ハッキリ”を迫れない。「私のこと愛してる?私が必要?」と聞いてもいいところ、「続けるの?やめるの?どっち?」となってしまう。この回りくどくも挑戦的な物言いも、女だけがもつ変なプライドで、これまた本能みたいなものだから仕方がないのだ。ただ、そういう言い方しかできないなら、「私はやめたっていいのよ」という啖呵は間違っても切っちゃいけない。「あなたはどうしたいの? 私は続けたいの」そう言わなきゃ、この問いつめはまったく意味がないことに気づこう。「私は続けたいの」それはけっこう彼の心に響く言葉。ちょっと“けなげ”でちょっと頼もしい。つまり自ら前向きに白黒ハッキリさせる女は、男の目にはけっこう眩しく映るものなのだ。だからもし、何を考えてんだかわからない彼に、イラついたのなら、まず自分の意志をハッキリ相手に伝えよう。その覚悟が相手を動かすのだから。

ただ、こんな女性がいた。不倫から始まって約10年。ただの一度も“白黒ハッキリさせたい願望”を表に出さず、「続けるの?やめるの」を一度たりとも口に出さずに相手の離婚を待ちつづけてきた。離婚が成立しても、一度も……。相手の離婚から3年、ついに二人は結婚までこぎつける。途中で白黒ハッキリさせなくても、やがて必ず白黒はハッキリする。それを黙って、待てる女も世の中にはもちろんたくさんいて、時間は多少かかるかもしれないけれど、最後にはちゃんといい答えが出ていることも、忘れないでいてほしい。 

“イラつく女”“白黒ハッキリさせたい女”はやっぱり人より女の業が強い女。たぶん、こと恋愛においてだけ、ちょっと身勝手になりがちな女であると言わざるを得ない。でも、せめてそういう自分をよく自覚し、そのイラつきを良い方向に発展させることを考えるべきなのだ。「どっちなの?」と聞いてもいい。聞いてもいいが、まず先に自分がハッキリさせること。「私は続けたいの!」「ちゃんと続けようね!」この意思表示が彼の心を奮いたたせ、黙って何年も待てる女より、4~5年早く良い結果を生むかもしれない。相手を問い詰めるより、自らがハッキリする。フェアな女が、美しいのだ。

女もたまには、恋人を感動させるようなひと言を言ってみよう

“イラつく女”のいけないところは、白黒ハッキリさせたいわりに、いつも自分からは何もせず、相手に何かしてもらう、言ってもらうことを求めてしまうことにある。自分の思い通りにならないなら、自分が相手の心を動かしてしまえばいいのに。そもそも女は男に何かを言わせることにこだわりすぎる。「愛してるよ」とか「幸せにするよ」みたいな言葉を、男に言わせることに執念をもちすぎる。ふだんはあんまり“受け身”じゃない女に限って、そういう時に“受け身”に徹してしまうのはなぜなのだろう。やっぱり女の業なのか。

あるステキなカップルの結婚のなれそめを聞いたら、ふだんはあまり自分を主張しない女性の方が、「私があなたを幸せにしてあげる」と言ったのだとか。何だか2人がよけいステキに見えた。皇后、美智子さまも「私が殿下を幸せにしてさしあげたい」とおっしゃったというから、やはりステキな女性は自分で言えるのだ。自分から肝心なことを言えるのだ。

そう、たまには女の方から男を感動させるようなことを言ってみよう。「愛してる」はほどほどに。だからやっぱりこれ。「あなたを幸せにしてあげる」「私にとってあなたは必要な人。かけがえのない人」確かにクサイ。ヘタをすればサムイ。だからイライラしてきて、いよいよ耐えられないと思った時にだけ、覚悟を決めて言う。彼は相当感動するはず。さあ、やってみよう。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ