連載 齋藤薫の美容自身stage2

恋人に苦しめられる女たちへ

公開日:2015.04.23

人気連載「齋藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「齋藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

男の浮気については、このページでも何度か書いた。その時も、浮気を繰り返す男は、単にとても男性ホルモン旺盛、ハッキリ言ってしまえば、そういう生理的欲求が強いタイプか、あるいは自分自身が嫉妬深く“独占欲”が人一倍強いために、何人もの女を自分のものにしとかないと心が埋まらないタイプであると言った。少なくとも浮気する人間の心理を知っておくことは、“浮気される女”を少しラクにさせる上でとても大切ということも、その時言ったと思う。じつはそれも“浮気する男”と“浮気される女”を無理矢理比較したら、“浮気される女”の方がずっとエライし、ずっとまともなはずなのに、どういうわけかその精神的な立場が逆転して、“浮気する男”の方がむしろ優位に立ってしまうきらいがあるからなのだ。それでは“浮気される女”がたまらない。そうあってほしくないから、まずは“浮気する男”の正体をよく知って、“何てことない男”であると思ってもらいたかったのである。

ともかく“浮気する男”は、どうしても神秘的に見えてしまう。早いうちに「浮気しました。ごめんなさい」と謝ってくれればまだしも、浮気をなかなか認めない男は、もっともっと神秘的に見えてきて、やがてとんでもないことだが、ある意味で妙に偉大な存在に見えてしまったりする。そして逆に、浮気されている自分は惨めな上に、いつもいつも心が腫れ上がっている状態に陥る。本当は常識的で正直で素直なはずの自分が、ひどく疑り深くてズルくて嘘つきで、心のひん曲がった女に見えてしまう。嘘つきでズルいのは、男の方なのに。ところがそこでさらに、彼のケータイやメールをのぞき見ちゃったりというような“いけないこと”をしてしまうと、女は自分が汚れていくのを感じ“妙に偉大に見える彼”がもっともっと大きな存在に見えてしまう。“浮気される女”は、だから実際置かれている立場以上に辛いのだ。本当はもっと誇りをもちましょうと言いたい。しかし“誇り高き女”ほど、こういう他人の裏切りに対して、正義感みたいなものも働いて、ぜったい許せない、ぜったい糾弾してやる、ぜったい尻尾をつかみたいと思うもの。自分のプライドを守るためにこそ、そうしてしまうのだ。

だから提案。“浮気される女”は自分の権利を自覚し、同時に自分を規制するルールをもとう。権利とは、相手が悪いんだからと、相手の非を非難する権利。「夕べはどこにいたの?」と問い詰めてもいいという権利である。あるいは、相手が裏切ったんだから、彼のケータイやメールをのぞき見ていいという権利である。なぜなら、いくら浮気しても彼女や妻が何も言わないと、まったく腹が立つが、よけい男は“していいんだ”と思うらしい。それではたまらないから、権利だけは遂行する。やっていいのだと自分を許すのだ。

でも、よく聞いてほしい。それをやっていいのは一度か二度だけ。いや、ハッキリ決めよう。「夕べはどこにいたの?」「昨日、何してたの?」そう聞いていいのは2回まで。1回はただの質問で、2回目は“問いつめ”。追及は1回だけでサッと引き上げる。それが誇りある女の対応だ。そして一方、ケータイやメールをのぞき見ていいのも1回だけと決めよう。もう一度断っておくが、これは本来しちゃいけないこと。自分が汚れること。でも、いよいよ彼の正体をつかまなきゃならないと思う時、1回だけなら汚れない。何度もやってしまうと汚れるが、1回は権利のうち。そう自分を規制するのだ。それでクロと出ればきちんと話し合えばいいし、それでシロなら彼を信じるしかないわけだ。大切なのは繰り返さないこと。だから“問いつめ”も“のぞき見”も1回まで……。

“浮気される女”は、必ず自分をイヤな女と思うようになるはずだ。でもそれは違う。あなたに非はない。だからぜったい自分をそれ以上惨めにしてはいけないのだ。そこで自分のために、権利と規制を課す。毅然として問いつめ、潔く1回でやめる。そういうメリハリ、そういう高潔さが、“浮気する男”に反省をうながし、あなたを惚れ直させることにもなるだろう。そして、男の浮気も一緒。許せるのは1回まで。いや、確信のないもう1回を含めて“疑わしきは罰せず”で、2回までは許そう。浮気したかもしれない“?”の1回、明らかな浮気1回、それ以上する男はもう見切りをつける。それもまた、あなたの権利であり、規制なのである。“浮気される女”の誇りある決断なのだ。

“浮気される女”はどんな女?そこに出された意外な結論

“浮気される女”は、だいたい自分に魅力がないのでは、と自信をなくす。同時に“男性不信”にも陥るから、新しい恋愛が始まっても“疑り深い嫉妬深い女”がしばしばのぞく。結果、男が女に嫌気がさして、別の女性に走ってしまう……ま、だいたいこれがいつも“浮気されてしまう女”がたどる道……。もちろんそういうパターンは実際多いのだろう。男を信じない女は確かに恋愛がうまく行きにくい。浮気されるかどうかは別として、長く続きにくいのは確か。でも本当の意味で“浮気される女”とは、要するに気がつけばいつも“浮気する男”を選んでしまってる女、そう言えないだろうか?

男性ホルモン旺盛な、コワイものなしのフェロモン系にいつも心惹かれる女は、初めから浮気の10や20は覚悟すべきだし、いわゆる性的欲望系の浮気男じゃなくたって、“いつだって恋をしていたい芸術家肌”とか “やたら独占欲の強い淋しがりや”とか、“わりに女を尊敬している成熟した男”とか、ひと味違う男は、やっぱり浮気っぽく、そういう男をどうしても選んでしまう女は、必然的にいつも“浮気される女”になるしくみ。ぜったい浮気されたくないならば、根本的な男の好みを変えるしかないわけで、そこのところをよく見極めよう。自分はなぜ浮気されるのか?その原因がわかるだけでも、少しは心穏やかになれるはずなのだし。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ