1. 恋人に苦しめられる女たちへ

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

恋人に苦しめられる女たちへ

人気連載「齋藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

恋人に苦しめられる女たちへ

男の浮気については、このページでも何度か書いた。その時も、浮気を繰り返す男は、単にとても男性ホルモン旺盛、ハッキリ言ってしまえば、そういう生理的欲求が強いタイプか、あるいは自分自身が嫉妬深く“独占欲”が人一倍強いために、何人もの女を自分のものにしとかないと心が埋まらないタイプであると言った。少なくとも浮気する人間の心理を知っておくことは、“浮気される女”を少しラクにさせる上でとても大切ということも、その時言ったと思う。じつはそれも“浮気する男”と“浮気される女”を無理矢理比較したら、“浮気される女”の方がずっとエライし、ずっとまともなはずなのに、どういうわけかその精神的な立場が逆転して、“浮気する男”の方がむしろ優位に立ってしまうきらいがあるからなのだ。それでは“浮気される女”がたまらない。そうあってほしくないから、まずは“浮気する男”の正体をよく知って、“何てことない男”であると思ってもらいたかったのである。

ともかく“浮気する男”は、どうしても神秘的に見えてしまう。早いうちに「浮気しました。ごめんなさい」と謝ってくれればまだしも、浮気をなかなか認めない男は、もっともっと神秘的に見えてきて、やがてとんでもないことだが、ある意味で妙に偉大な存在に見えてしまったりする。そして逆に、浮気されている自分は惨めな上に、いつもいつも心が腫れ上がっている状態に陥る。本当は常識的で正直で素直なはずの自分が、ひどく疑り深くてズルくて嘘つきで、心のひん曲がった女に見えてしまう。嘘つきでズルいのは、男の方なのに。ところがそこでさらに、彼のケータイやメールをのぞき見ちゃったりというような“いけないこと”をしてしまうと、女は自分が汚れていくのを感じ“妙に偉大に見える彼”がもっともっと大きな存在に見えてしまう。“浮気される女”は、だから実際置かれている立場以上に辛いのだ。本当はもっと誇りをもちましょうと言いたい。しかし“誇り高き女”ほど、こういう他人の裏切りに対して、正義感みたいなものも働いて、ぜったい許せない、ぜったい糾弾してやる、ぜったい尻尾をつかみたいと思うもの。自分のプライドを守るためにこそ、そうしてしまうのだ。