連載 齋藤薫の美容自身stage2

好かれる女になりたい女へ

公開日:2015.04.23

人気連載「齋藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「齋藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

誰からも好かれようとするとハズす……それは昨今、ガチガチに市場調査して、“みんなが欲しがるもの”をみんなで考えて作った企画商品が、けっこうハズレを出してしまうのと同じ。“みんなに好かれる”を狙うと、邪魔にもならないけれど魅力もないもの……になりがちだ。じゃあ人間はどうなのだろう。

昔から、不思議に思っていることがあった。学校のクラスで“何となく気になる子”がいたとしよう。それは相手が男でも女でも同じなのだが、その相手に対し、自分はまだ“好き”という明快な感情はもっていない。というより「私、あの人のこと大好き!」と誰かに言って、ハシャげるような対象ではない。なぜなら、その相手は華のある人でも、活発な人でも、また特別勉強のできる人でもなかったりする。つまり“あまり目立たない人”。だからなのか、自分自身その子を“好き”であることを自覚できない。“好きである理由”を自分に説明できないのだ。

ところがふとした拍子に“その子”のことが話題に出て、誰かが「あの子っていいよね」と言う。「エッ? 私もそう思ってた」と言うと「じつは私も……」という人が他にもいる。結局、そこにいる全員が同じことを思ってた。“好き”までいかない密かな好意。「でも、なんであの子いいんだろう……」と誰かが言うと、全員が黙る。わからないのだ。なぜ、いいか……。

自分を主張するでもない、ごくごく普通の子。普通だから? いや違う。“ただ普通の子”なら、他にゴマンといる。たぶんそれは“静かな大人っぽさ”。生意気でもなく、マセてもいない、大人びたことを言うのでもなく、背伸びもまったくしていない。見た目に大人っぽいわけでもない。でも日日の言動から香りのように漂ってくる大人の“バランス感覚”に、みんな催眠術にかかったように、知らず知らず心惹かれていたのである。

しかし、大人になってからは、全員が大人のふりをしているから、いわゆる“大人っぽさ”はあまり意味がない。まして個性がぶつかり合う大人社会、誰にでも好かれる女にヘタな個性は必要なく“ともかく素直”が勝ちって気がする。少なくとも人に逆らわない、どちらかと言えば“年下体質”の方が勝ちのような気がするわけだ。 

じつは、大人社会でも子供社会と同じように、みんなあえて口に出して言わないが、フタを開けてみればみな“同じ女性”を好きだったりする。わかりやすく言うと、たとえば各局の女子アナ。何かと話題になるタイプではないから、名前がなかなか覚えられなかったりするのだけれども、誰かが「あのアナいいね」と言うと、「私も前からそう思ってた」「私も」「私も」と、結局みんな同じアナに“密かな好意”を抱いていたことがわかる。たとえば、テレ朝の徳永有美アナウンサーやCXのなっちゃんこと、小島奈津子アナウンサー。すでに退社した、八木亜希子さん(CX)や雨宮塔子さん(TBS)も、そういうタイプ。好意の“一致”には単に“いい人そう”“性格良さそう”では終わらない何かがありそうだ。この4人に共通するもの……それはいかにも“年下体質”でありながら、“心は大人”ってこと。アナウンサーというのは、ふつうは宿命的に大人に見える。知的で容姿端麗、声としゃべりに品があれば、女は誰だって歳より老けて見えるもの。それでニュースでも読めば、歳より10歳上に見えてもおかしくない。ところがあの人たちは、逆になぜか年下に見える。ニュースを読んでもそう見える。この人たちを見ていると、ちょっとした表情や声や言葉の置き方に、人としての“素直さ”がにじみ出る。だからそれに人は“年下”を感じてしまうのだ。 

しかし、幼さとも違う。女が年下っぽくふるまおうとする時、わざと幼さを装ったり、甘ったるい物言いをしたりするけれど、そういう意味ではもちろんない。少なくともこの人たちは、幼くはない。なぜなら、心はたぶんかなり大人っぽい。いわゆる人間的にオトナ、精神的なバランスがよくとれたオトナ……に見えるのだ。にもかかわらず、年下体質。言い替えればこの人たちは、“よくできた後輩体質”とでも言おうか。ただ穏やかなのとも、ただ優しいのとも違う。まさに“人間がよくできた後輩”――。これほど人にとって心地よい存在はなく、口に出して「あの子、大好き!」とは言わないまでも、心の中にいつの間にか住みついてしまう。そういう女性こそ、大人社会では誰からも“好かれる女性”になりうるのではないだろうか。

好かれようとしても好かれない、誰からも好かれようとすれば、かえって姑息な“八方美人”に見える。好かれることが難しいのは、一見後輩、中身はオトナ……この少々ややこしいバランスがあってこそ、だからなのである。

徳永有美アナウンサーにハマる女たち。

ウチワの話で申し訳ないが、“私たち”の間で、今ちょっとした話題なのが、テレ朝の徳永有美アナウンサー。ひとりずっと「イイ、イイ」と思っていたが、友人たちに何となくそれを打ち明けたら、そこにいる全員が、身をのり出して、「私も」「私も」の大合唱。男も女も、全員一致。そもそも、何となくみんなに“好かれてしまう女”について書きたいと思ったのは、この時だった。

今は、キラキラ系のアナが美を競う時代ではもうないらしいが、この人は見るたびに美しくなる。それを見ている私たちが、何だか自分のことのようにうれしく思ってしまうのは、まさに年下体質。しかし、美しくなっていくことが少しも嫌味じゃなく気負いもまったく見えないところにこの人の“心の大人っぽさ”があると思う。

その感じ、そのバランス、わかってもらえるだろうか。身近にも、きっとそういうバランスをもった女性がいるはずだ。いや、何となく“あの人、いいな”と気になっている女性、このタイプなのではなかろうか。こうした好意には、“安心と憧れ”、両方がなくてはならない。年下、後輩体質に、私たちは安心を覚え、逆に心の大人っぽさに、無意識の憧れを抱くに違いない。子供の頃、“静かな大人っぽさ”をもっていた子に心惹かれるのも、自分を主張しないところに安心を、大人っぽさに憧れを抱いていたからに他ならないのだ。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ