1. 好かれる女になりたい女へ

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

好かれる女になりたい女へ

人気連載「齋藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

好かれる女になりたい女へ

誰からも好かれようとするとハズす……それは昨今、ガチガチに市場調査して、“みんなが欲しがるもの”をみんなで考えて作った企画商品が、けっこうハズレを出してしまうのと同じ。“みんなに好かれる”を狙うと、邪魔にもならないけれど魅力もないもの……になりがちだ。じゃあ人間はどうなのだろう。

昔から、不思議に思っていることがあった。学校のクラスで“何となく気になる子”がいたとしよう。それは相手が男でも女でも同じなのだが、その相手に対し、自分はまだ“好き”という明快な感情はもっていない。というより「私、あの人のこと大好き!」と誰かに言って、ハシャげるような対象ではない。なぜなら、その相手は華のある人でも、活発な人でも、また特別勉強のできる人でもなかったりする。つまり“あまり目立たない人”。だからなのか、自分自身その子を“好き”であることを自覚できない。“好きである理由”を自分に説明できないのだ。

ところがふとした拍子に“その子”のことが話題に出て、誰かが「あの子っていいよね」と言う。「エッ? 私もそう思ってた」と言うと「じつは私も……」という人が他にもいる。結局、そこにいる全員が同じことを思ってた。“好き”までいかない密かな好意。「でも、なんであの子いいんだろう……」と誰かが言うと、全員が黙る。わからないのだ。なぜ、いいか……。

自分を主張するでもない、ごくごく普通の子。普通だから? いや違う。“ただ普通の子”なら、他にゴマンといる。たぶんそれは“静かな大人っぽさ”。生意気でもなく、マセてもいない、大人びたことを言うのでもなく、背伸びもまったくしていない。見た目に大人っぽいわけでもない。でも日日の言動から香りのように漂ってくる大人の“バランス感覚”に、みんな催眠術にかかったように、知らず知らず心惹かれていたのである。