1. 男が女を嫌いになる時

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

男が女を嫌いになる時

人気連載「齋藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

男が女を嫌いになる時

女は男を、わりに簡単に嫌いになる。「お金に細かいところが見えた時」「めめしさが見えた時」「思いやりのない男だってことがわかった時」そして「ナルシスト」「マザコン」「無能」「無神経」……女が男を嫌いになってしまう理由なら、いくらでも挙げることができる。しかし、男に「女を嫌いになる時って、どんな時?」そう聞くと、だいたいが考え込む。「ちょっと待ってて」と考え込んでしまう。そして結局、明確な答えは出てこない。少なくとも世間一般で言われるように「気が強い」「生意気」「ルーズ」「女らしくない」「料理がうまくない」みたいなことで、男は女を嫌いになったりはあんまりしない。女ほどに、男は相手を嫌いにならないのである。むしろ女の方が残酷に単純な理由で男を嫌いになれるのだ。

しかし“ふられる女”は世の中にいっぱいいる。残念ながら、その理由のひとつは彼が“別の女性を好きになっちゃうこと”にある。ここには、本能としての男の浮気っぽさがあり、ひとりを自分のモノにすると、また別の女を“モノにしたくなると”という狩猟本能みたいなものが働くために起こること。しかし、まっとうな男は、それによって“前の女”を嫌いになったりはあまりしない。不倫をしても、妻も同時に愛してる男が結局は大多数であるように、男は二人の女を同時に愛せたりしてしまう。新しい彼女ができたとたん「おまえのことが嫌いになった」と平気で言えちゃう男はやっぱり単なるバカ、心ある男ほど二人の女を愛せてしまうのだ。もっと言えば、男は一度好きになった女を大嫌いになることは、少ないのである。じゃあ女はなぜふられるか?女の方がふられよう、嫌われようとしてしまうからである。