1. 最終的な女の価値は“ひと言”で決まる

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

最終的な女の価値は“ひと言”で決まる

人気連載「齋藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

最終的な女の価値は“ひと言”で決まる

女子社員を募集したある企業は、応募者をまず半分に絞る段階で、簡単な面接のあと、部屋を出ていく時に何と言ったか、そのたったひと言で、合否を決めていたという。別に特別なひと言じゃない。会釈に当たりまえに添えるひと言。「失礼します」。それを、「失礼します」と言ったか、「失礼いたします」と言ったか、それだけをチェックしたというのである。

「ハイ、じゃあ結果はのちほど。お疲れさまでした」そう言われて立ち上がり、一瞬緊張がほぐれた時のひと言でもあり、そこで“します”と言うか“いたします”と言うかに、けっこういろんなものが含まれているというわけだ。

「よろしくお願いします」や「失礼します」は、仕事のみならず日常的にもけっこうよく使われる言葉。じつは、こういう当たりまえのあいさつほど、親の言葉づかいがそのまま乗りうつっていたり、それまでどんな環境で生きてきたのかを、そこはかとなく示してしまうらしい。人間性まではわからないが、人としての洗練度は測れるし、即戦力になるかどうかもわかるというわけなのだ。

でも逆に、こんな話もある。とあるサービス業では、「よろしくお願いいたします」と言った応募者は採用しない。もう新たに教えることがあんまりなくて“つまらない”からだそうである。「いらっしゃいませ。こんにちは」みたいに、あいさつが完全にマニュアル化しているようなサービス業では、むしろ何にも染まっていない人間を、独自のおもてなし論でイチから染めていくのが、信条だからという。決まったあいさつによって、規格にはまった人間がいっぱい作られていくのも何だかコワイが……。