1. 男が女に惚れる時

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

男が女に惚れる時

人気連載「齋藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

男が女に惚れる時

結論から言おう。「女は男を、3回惚れさせなさい!」と。まず、男は恋愛において、女よりもずっと視野が狭い。夢を見ないし、見たまましか信じない。つまり女がいつも「あーあ、素敵な男性、現れないかなー」とぼんやり宙を見つめているのに対し、男が家でひとり「あーあ、素敵な女性ひと、現れないかなー」と宙を見つめてるなんてことはないわけだ。まして女は一人の男性を見た時、“この人は、誠実だろうか?やさしいだろうか?私を愛してくれるだろうか?そしてお金を稼げるだろうか?”なんてことまでも想像しつつ評価を下すのに、男にはそういう想像力があまりない。男が女を“見た目”で選ぶような傾向にあるのも、じつは目の前にいる女を、ありのままに見るだけで、けっこう単純に良し悪しを判断してしまうからなのだ。しかも、女の目的はやっぱり結婚。しかし男にとって結婚は結果でしかなく、男のとりあえずの目的は“モノにする”ってことだったりするから、最初は単純でも簡単でもいいのである。

つまり女はまず第一段階、見たままのレベルで男を単純に簡単に惚れさせなければならない。女のオシャレや美容は、すなわちその“第一段階用”と言っていいのである。

ただ言い替えれば“男が女に惚れる時”はこれで終わりじゃない。これはまったく入り口にすぎず、最初の波が少しおさまった頃、第一段階であまり想像力を使わなかった分、さてこの子のどこが素敵なんだっけ?とおもむろに考え始めたりする。そこで再び男を惹きつけないと、現実しか見ない男の狭い視野の中に“別の女”が入ってきたりして、うっかりそちらに情熱が走っていったりしてしまうのだ。