1. 最終的な男女の仲は“ひと事”で決まる

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

最終的な男女の仲は“ひと事”で決まる

人気連載「齋藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

最終的な男女の仲は“ひと事”で決まる

世の恋人たち、または夫婦の間で、長くなるほどにかわされなくなる言葉、何だかわかるだろうか?よく言われるように「好き」とか「愛してる」という言葉は、確かに最初だけ。言わなくなって2年たつと、もう一生言えなくなってしまう言葉といっていい。

ただこれは、もちろん言った方がいいに決まっているが、無理やり言ったり言わせたりしたところで、じつは二人の関係はそう大きくは変わらない。むしろ、男女の仲を、知らず知らず変えてしまう言葉は他にある。しかも長くなるほど、たちまちかわされなくなる重要な言葉。それは「ありがとう」と「ごめんね」……。

もちろん世の中広いから、関係が深まるほどに「ありがとう」「ごめんね」をいっぱいいっぱい言い合う、ほのぼのとした男女関係はたくさん存在するのだろう。でもやたらに「ありがとう」を言い合っている夫婦に、何かワザとらしさを感じてしまうほど、夫婦というものは「ありがとう」を言わない間柄となりがちなのかもしれない。

逆を言えば、男と女というものは、お互いが非常に深い、揺るぎない関係であることをお互い確かめ合うためにこそ、荷物をもってもらっても、ネクタイを直してもらっても、「ありがとう」をワザと言わない。言わないのが何だか妙にうれしい時期ってあるのだ。ところが、そのうれしい時期を越えても言わない。そのうち言うのが恥ずかしくなってしまう。そして恥ずかしい時期を越えると、その言葉自体を忘れていく。忘れたら一生戻ってこない言葉なのである。