1. 許せること、許せないこと

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

許せること、許せないこと

人気連載「齋藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

許せること、許せないこと

寝入りばなをイタズラ電話でくじかれ、早朝イタズラメールに起こされる。朝食、いただきもののハムを食べようと思ったら、それが雪印のハムで、突然食欲を失い、外へ出れば歩道の真ん中をスピードあげて走る自転車にチンチン鳴らされ、端っこに追いやられる。タクシーに乗れば運転手さんが何を言っても返事をしない、降りる時もひと事もない。電車に乗れば、足を踏んだ女性も「ごめんなさい」と言わない。混んできたら痴漢なのかどうなのか、中途半端でよくわからない触り方をするまじめそうなサラリーマンがいる。シルバーシートで寝たふりする若い子がいる。自分の前の席が空いたのに、ななめ横から倒れこむように座ってしまうオバサンがいる、朝からイチャつくカップルがいる。ケータイをピコピコさせるイイ歳した男がいる。ワケもなく睨む女がいる。そして、ようやくたどりついたオフィスでも、同僚の「おはよう」がない、笑顔がない……時計を見ればまだ朝の9時半。なのに、許せないことの山。

いや、特に最近、“許せないこと”が増えた気がする。それはニュースの中の出来事も同じで、かつてそんなことはなかったが、最近はニュースを見ている途中で、あまりに辛くなってチャンネルを変えてしまうことがある。事実をありのままに伝えるニュースが、どうしてこんなに辛いのだろうと思うことがある、最近の犯罪は、見るに耐えない、聞くに耐えない、まさに胸をえぐられるレベルのものがとても多くなった。無差別殺人、幼児虐待……ここにあげようとするだけで胸がムカムカしてくるのでやめておこう。日本はナマナマしい現場を決して報道しないが、それでも目を覆いたくなるほどの犯罪が多いって、どういうことなのだろう。許せる犯罪などあるわけないが、それでも許せることと許せないことが世の中にあるなら、最近は“許せないこと”が多すぎる。なぜなんだろうと考えた。