1. 悩みのある女、悩みのない女

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

悩みのある女、悩みのない女

人気連載「齋藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

悩みのある女、悩みのない女

女はすなわち"悩める性"。 悩むことイコール生きること。

意外に思うかもしれないが、人の第一印象は、“悩みがありそう”か“悩みがなさそう”かで、評価が大きく違ってくる。特に、女が男を“品定め”するとき、“悩みがひとつもなさそうな男”を、“なんか軽そう”とか“うすっぺらそう”と、女は一瞬にして切り捨てる傾向にあると思う。

もちろん、借金があるとか失業してるとか、具体的な悩みを背負っている男は困る。ここで言う“悩みがありそうな男”とは、あくまで“ちゃんと悩みを悩むことができる男”かどうか。“悩む能力”がある男かどうかってこと。

これは言わば、女が生まれつき“悩む性”だからで、多かれ少なかれ悩みながら生きていかなきゃならない女にとっては、恋愛も“幸せな悩み”のひとつ。だから、“悩む能力”がない男とは、恋愛しても何かつまらなそうな気がしてしまうのだ。女にとって充実した良い恋愛とは、まるでお互い同じ悩みを悩んでいるかのような精神状態で、相手と関わり、2人でじっくり話し合いが続けられる恋愛。心中が“究極の恋愛”と言われるのはそれがため。あっけらかんとただ楽しいばっかりで、ごはん食べて、あとはホテルに行くのみ……みたいな繰り返しでは、女はこれが恋愛なの? と空しくなるわけで、心のどこかにいつも悩みに似た切なさがあり、相手の心にも同じ切なさが宿っていないと、恋愛している手応えがない。だから男も、“悩める男”でないとイヤなのだ。