1. 明るい女、暗い女

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

明るい女、暗い女

人気連載「齋藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

明るい女、暗い女

女は生涯、"明"と"暗"を繰り返し、男は人生で一回、明暗を分ける。

たとえば、“自己PR”なんかで、自分の性格を“性格が明るい”などと書いてしまうことがあるけれど、“明るい女”って、そもそもどんな女だろう。男に“どんな女性が好み?”と聞くと、半数以上が「明るい女性」と答えたりするけれど、あの「明るい女性」って、一体どんな女性なのか?結論から言うと“よくしゃべる”とか“にぎやか”とか積極的なだけで“明るい女”とは言いにくい。少なくとも男が望んでいる“明るい女性”は、ただよくしゃべるだけの女ではない。たとえば約束もなしに、不意に誰かが訪ねてきた時、あなたは何と思うだろうか?“まーよく訪ねてくれた”と喜び、約束がなかったのも“私を驚かそうとしたのね、きっと!!”と思うのか? 逆に“この忙しいのに、自分の都合だけ、いきなり訪ねてくるなんて、まったく非常識。まったく迷惑”と思うのか? もちろん相手にもよるけれど、あなたはどちらのタイプだろうか。

物事にはハッキリ2つの見方がある。表から見る見方と、裏から見る見方……何でも肯定的に見る見方と、何でも否定的に見る見方の2つがある。たぶん、男が望む、そして世間が望む“明るい女”は、自分でアポイントなしの訪問はしないものの、他人の訪問は素直に喜ぶ、そういう女なのではないだろうか、“お人よし”と言われようが“鈍感”と言われようが、そういう思考形態をもっていないと、本当の明るさは譲し出せない。物事を何でも良いふうに肯定的にとらえる女には、たぶんどんな種類の明るさもかなわない。だからまず知っておいてほしい。“暗い女”は、モノの見方を、逆から見るように心がける。それだけで人は、心臓の色まで明るいピンクになるような、自らを浄化する実感があるはずなのだ。

ただし女はそういう“明るさ”と“暗さ”を人生のうちで、何度でも繰り返す。その時の自分が置かれた状況によって、また自分を取りかこむ人間の質によって、また何より今の自分が幸せか不幸せかによって、女はまったく手のひらを返したように、“明るい女”にも“暗い女”になれるのだ。だから、生まれつき“暗い女”はいない。女を明るくするも、暗くするも、じつは環境なのである。