1. 失敗する女は、何が足りないのか?

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

失敗する女は、何が足りないのか?

人気連載「齋藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

失敗する女は、何が足りないのか?

家でジュースをこぼすのは"おっちょこちょい" 他人にジュースをかけるのは"魂のミス"

女社長の会社が倒産!!……なんて話はあまり聞かない。“ミス”をおかして失脚した浪速の国会議員はいるけれど、また税金を払うのがイヤで、結果その何倍もの大金を国に納める“大失敗”をした元監督夫人もいるけれど、一般的に言って、女はあまり大きな失敗をしない。男の失敗と比べると、女の失敗はサイズが小ぶり。たぶん女という生き物は、あまり“私利私欲”に走ったり、大きな賭けに出たりしないからだろう。その代わり女の失敗は、恋愛や結婚においてやっちゃってしまいがち。女の欲は“幸せになること”にいちばん大きく向けられるからなのだ。

そう、まず“失敗”は、大きく望むからやってしまう。人生における失敗は、大きく望みすぎたり、早く望みすぎたりする場合に起こるのだ。“しくみ”はいたって単純。結婚を焦って、いい結婚を望んで、うっかり間違った男に走ってしまう。ひとりがイヤで、恋がしたくて、ついつい手近な男ですませてしまう。女の人生レベルの失敗は、結局そういうことから始まることが多いのだ。ただ“人生”でなく、“日常”の大きな失敗はどうなのか?仕事でおかす大小さまざまな失敗……。これは一体どうして起こるのだろう。