連載 齋藤薫の美容自身stage2

文句を言える女、言えない女

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

文句はクセになる。クセになると、文句をさがし出す。だからコワイ、文句は麻薬。

“句を言える人”は気が強くて、“文句を言えない人”は気が小さい……単純に考えるとそうなるが、実際はもう少し複雑な法則がありそうだ。“言える人”と“言えない人”をハッキリ分けることはできない。

たとえば……。会社で「私のデスクスペースは他の人より狭い」とか「新人の○○さんは仕事が遅くて、とばっちりを受けている」などという文句が言える人は単に我がまま。しかし、「ウチの産休は同業他社に比べて短いから、長くしろ」といった権利主張という大義名分ある文句を言える人は、まあ一応、勇気ある人。ただ、会社において人より文句の多い人は、いくら仕事ができても“文句ばかり目立つ人”のイメージが先行して、結果として良いキャリアを積めない。今の世の中、何が起こるかわからないから、会社で文句を言ったら「だったら、辞めれば?」と言われかねない時代。文句をいっぱい通して楽になるよりも、仕事で評価を上げていい想いをするほうが、ずっと大きな快楽を生むような気もする。会社に対し権利を主張するのは、当然の“権利”だが、そればかりが目立たないように注意しないと、権利は得ても得にはならない。「することをしてから文句は言え」。これが社会人の掟なんである。

一方、公共の場ではどうか。何かを待つ行列で“横入り”する人を「ちょっとオ、ちゃんと後ろに並びなさいよ」と言える人を、そう言えない人は、ちょっぴり尊敬したりする。電車の中で騒ぐ子供を、「おとなしく座っていてね」と親の前で言える人も、やっぱり尊敬してしまう。しかし、そこでも単に“ゴーマン”に見えてしまう人がいるのは確か。その差は一体どこにあるのだろう。

一緒にごはんを食べていた友達は、テーブルに置かれたコーヒーがカップソーサーにこぼれていた時は、「これ、取り換えてください」とキッパリ言ったのに、頼んだメニューとは違うものが出てきた時は、お店のスタッフが「す、すぐお取り換えします」とお皿をもっていこうとしたのに「あ、いいわいいわ、それいただくわ」と言って苦笑いしながら食べた。文句を言う言わないの差はどこにあるの?そこにあるのは、サービス業としての最低限のサービスを要求する心と、人は誰しも間違いがあるのだから、ワザとでなければとがめるのもかわいそうという心。それが、比較的乱暴に置かれたためにこぼれたコーヒーは許さず、メニューの聞き間違いは許したのである。

こういうふうに、文句を言う場面と言わない場面をていねいに分けられるって、オトナだと思う。そこまで読まずに、サービス業に対してはどんなミスにも文句を同じだけ言う人は、やっぱり単に“ゴーマンな人”に見えやすい。飛行機でもエコノミーに乗るとけっこうおとなしくしているのに、ファーストクラスに乗るとガゼン偉そうにふるまい、文句ばっかり言っている人も世の中にはけっこういそうだが、自分の立場によって、文句の数を変える人は、何だかちっちゃい人。さらにヤキトリ屋で上質のサービスを要求して文句を言うのはセンスのないこと。一歩外へ出ての“文句を言う言わない”には、要するに心のセンスが問われてしまうのである。

ただこうした公共の場面を含め、文句にはハッキリ2種類あることを知っておくべき。ひとつは“自分を有利にするための文句”“もうひとつは“正義感から出た文句”。いかなる文句もどちらかに入ってしまう。“横入りの人”をとがめるのも“横入り”されたのが自分の位置より前だから許せないという文句は、周囲が見ていてわかるもの。世の中を良くしようとまで思わなくてもいいけれど、公共の場で文句を言う時は、せめて正義感がのぞくカッコイイ文句をつけたい。

しかしその前に、あなたの周囲にもいるはずだ、話すことの半分は文句、文句をわざわざ見つけて文句を言う人が。たぶん文句は、クセになりやすく、中毒になりやすいのだ。文句をつけようと思えば、電車が混むのも歩道が狭いのも、上司が自分を評価しないのも、またその上司の顔がアブラぎっているのも、何でも文句の対象となる。そこにハマリこんでしまった人は今、少なくない。パーティに呼ばれれば、つまんないパーティだったわねと文句をつけ、呼ばれなければなぜ呼ばないと文句をつける、そうなるともう辛い。そういう人は、気が強いのでも我がままなのでもなく、ストレスがひどくたまっているために物を見る目が曲がってしまった人。いや、見る目が曲がるのも、元はと言えば文句を言うのがクセになった結果。だから文句はコワイのだ。

まして文句のための文句は、もともと改善されないことがほとんどだから、せめて自分が言う文句に、“正義感”と“改善の余地”、そのふたつがあるのかどうか、それをいつも確認してほしい。言うだけムダな文句、自分のための文句は、自分のイメージを汚すだけ。そう、基本的に文句を言わない、100%正義感から出た文句だけをちゃんと選んで言う人は、人間が清潔に見える。物を見る目に曲がりがないから清潔に見える。実際、日ごろから文句の少ない人って誰の目にも美しいイメージにうつっているはずなのだ。自分のイメージを浄化するなら、自分の言う文句の質を見直してみるに限るのかもしれない。そして、“文句の目立つ人”“文句中毒の人”にだけは決してならないように……。

イザという時、文句の言えない男よ、さようなら!

女が男に“幻滅”する時……究極は、チーマーにからまれて、急にへーこらしたり、情けない逃げ方をした時なんだけど、もちろんケンカもしてほしくないし、ましてや殴られる彼は見たくない。だから方法は、結局それしかないのだけれど、イザという時、“男らしさ”を確認できなかった女は、みんなちょっとガッカリするものなんである。

ただそういう場面に遭遇するカップルはよほど運が悪いとしか言えない。もっとずっと“ありがち”で、しかも同じくらい幻滅に値するのは、イザという時に、文句の言えない男。たとえば、二人で行ったレストラン、予約もちゃんとしてたのに、落ちつかない悪い席に通されそうになったら、「もう少しいい席はないですか?」と、ダメもとで聞いてほしかったりするのが、女心。注文がなかなか来ない時、最初は紳士的に、それでも来なかったら、ちょっと怒ったふりをして、文句をつけてほしいのが女心。まあ、よくあることながら、そういうところでおとなしくされてしまうと、この人って!と思う。文句のセンスはぜったい持っていてほしいのだ。もちろん禁煙の場所でタバコを吸っている人に、ここは禁煙ですよと言うくらいの勇気は欲しいけど、何せ物騒な世の中。最低限の文句は言える、それは男選びの重要なポイント。結婚して、女がいちばん悲しいのは、勇気も正義感もない夫を見る時だろうから。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ