1. 文句を言える女、言えない女

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

文句を言える女、言えない女

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

文句を言える女、言えない女

文句はクセになる。クセになると、文句をさがし出す。だからコワイ、文句は麻薬。

“句を言える人”は気が強くて、“文句を言えない人”は気が小さい……単純に考えるとそうなるが、実際はもう少し複雑な法則がありそうだ。“言える人”と“言えない人”をハッキリ分けることはできない。

たとえば……。会社で「私のデスクスペースは他の人より狭い」とか「新人の○○さんは仕事が遅くて、とばっちりを受けている」などという文句が言える人は単に我がまま。しかし、「ウチの産休は同業他社に比べて短いから、長くしろ」といった権利主張という大義名分ある文句を言える人は、まあ一応、勇気ある人。ただ、会社において人より文句の多い人は、いくら仕事ができても“文句ばかり目立つ人”のイメージが先行して、結果として良いキャリアを積めない。今の世の中、何が起こるかわからないから、会社で文句を言ったら「だったら、辞めれば?」と言われかねない時代。文句をいっぱい通して楽になるよりも、仕事で評価を上げていい想いをするほうが、ずっと大きな快楽を生むような気もする。会社に対し権利を主張するのは、当然の“権利”だが、そればかりが目立たないように注意しないと、権利は得ても得にはならない。「することをしてから文句は言え」。これが社会人の掟なんである。

一方、公共の場ではどうか。何かを待つ行列で“横入り”する人を「ちょっとオ、ちゃんと後ろに並びなさいよ」と言える人を、そう言えない人は、ちょっぴり尊敬したりする。電車の中で騒ぐ子供を、「おとなしく座っていてね」と親の前で言える人も、やっぱり尊敬してしまう。しかし、そこでも単に“ゴーマン”に見えてしまう人がいるのは確か。その差は一体どこにあるのだろう。