1. 愚痴を言う女、言わない女

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

愚痴を言う女、言わない女

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

愚痴を言う女、言わない女

プチケーキのように軽やかな愚痴は女同士に許された小さな癒しである。

アメリカに住む女性が久しぶりに日本に帰って、こう思ったという。日本では女同士がお茶のみながらおしゃべりするのは、要するにお互い愚痴を言うためなのね。確かに愚痴っぽいのは日本人の国民性。女が2人集まって、目の前にお茶があると、なぜか愚痴から会話が始まる。「ねえ聞いてよ。うちの会社の子がさあァ……」「聞いてくれる?彼がさあァ……」と、気持ちよさそうに言い出すのが常。そうなのだ。女同士で愚痴を言い合うのって、案外気持ちいい。言うほうも、聞くほうも……。そういう話題が両方から出てこないと、何だか座がシラけるような、間がもたないような……。日本の女にとって愚痴って、わりにそういうもののような気がするのだ。

愚痴は、“言っても仕方がないことを言って嘆くこと”。改善を目的とする“文句”とは、そこが決定的に違うし、文句が“動”なら、愚痴は“静”。文句は主に相手に直接言うものだが、愚痴においては相手は不在。聞いてくれる人だけが不満をもたなければ、誰にも迷惑をかけない。それで、ひとときの心休まるおしゃべりができるんなら、別にいい気もする。たぶん、女同士の会話は“自分が充分に幸せである”という話ばかりでは成立しないのだ。「私、彼がデキちゃって、もー幸せすぎちゃって」という話は、延々と言いつづけてはいけない。自慢も同様、女同士のおしゃべりにいちばん持ち出しちゃいけない話題だ。おしゃべりの素材としては、人の噂話や悪口も重宝するが、多少の知性があるとそんな話ばっかりもどうかと自制する。まだ自分の愚痴のほうが罪がないから、愚痴ときどき噂話……というふうになりがちなのである。