1. よいプラス思考いけないプラス思考

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

よいプラス思考いけないプラス思考

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

よいプラス思考いけないプラス思考

プラス思考は、体からボンボン吐き出さず、対人関係にさり気なく使うと、女はとてもステキに見える。

ずいぶん昔、雑誌で女優インタビューの連載ページを1年にわたってやった時のこと。合計12人の女優さんに話を聞いたわけだが、何回目からか、私は秘かに“ある同じ質問”をするようになっていた。それは「“前向き”あるいは“プラス思考”とは、具体的に何をどう思うことですか?」女優さんのような仕事をしていれば、それはもう基本的に皆さん“前向き”だ。“後ろ向き”な人にできる仕事では、たぶんない。だから、どんな話の流れになっても、だいたいいつの間にか“前向きに生きている”的な話題になる。そこで毎回「そうか、前向きに生きることって、やっぱり大事なんだ!」といちいち感心しているだけじゃあまりに芸がないと思い、何回目からか「それは具体的にどんな時にどう思うことなのですか?」と突っこむことにしたわけなのだ。ただ“前向き”とか“プラス思考”というのは、何となく心が前を向いているっていう多分に曖昧な感覚で、意識して何かをやることじゃない。半分以上の人から「前向きになる時?具体的に?うーん、難しい質問ねェ。わかりません」と言われたが……。

でも、明快な答えをくれた人もいる。「どんな仕事がきても、“私ならデキる!”って、まず思うこと。デキるかしらどうかしら……って、一瞬でもひるんだら、おしまい。やるしかないなら、デキると思うしかない。でも、そう思うと不思議に力が湧いてきて、大方のことはデキちゃいます」なるほど、“プラス思考”とは、すなわち勇気であり、自分を励ます力であるという考え方……。これは私たちも大いに見習いたい。でも逆に「仕事がなかった時、“いいじゃない? 別に世間に注目されなくたって。生きていけるだけだって幸せじゃない?”と心から思えた時、初めてプラス思考の心地よさやすばらしさを知りました」と言った人もいて、これもまた、すこぶるよいプラス思考、そういう時にこそプラス思考になれる人って、いい……としみじみ思った。