連載 齋藤薫の美容自身stage2

よい神経質いけない神経質

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

神経質でありすぎないこと、神経質でなさすぎないことは、人間のもっとも大切なマナーである。

世の中には“神経質そうな男”を、ゼッタイダメという女と、わりに好みかも、という女がいる。“男の好み”には正解はないから、両方いていいし、それぞれの言い分には、両方説得力がある。テレビの上のほこりを指ですくって、黙って目の前に出されたらイヤ……これはよーくわかるし、愛を語り合っている時に、返事がないから、よく見たら大口開けて居眠りが始まっているみたいな男がイヤ……なのもよーくわかる。しかし女の方にもいろんな事情があり、テレビの上にはゼッタイほこりをためない女もいるし、愛を語り合っている最中に、大口開けて眠ってしまう男を見て、「カワイイやつ……」と思う女だっている。つまり、男と女の相性は、そもそもが“神経質”のレベルの相性とも言えるのだ。

“神経質”のレベルは、女同士、人間同士の関わりにも、じつは大きな影響をもたらしている。というより、人が一人で生きているうえでは、何にどう神経を使おうと本人の勝手。無菌室で暮らしていても、毎日いろんなことを気に病んで、ハラハラ泣きながら暮らしても……。しかし、誰かと関わる以上、神経質のレベルは、相手に必ず何らかの影響を与えることになる。神経質すぎても、神経質でなさすぎても、相手を不愉快にするはずだ。たちまち困らせるはずなのだ。だから、人と関わって生きていくなら、自分の神経質レベルも、一度チェックしておくべきなのである。

まず、“神経質そうな男”の存在はよく話題にのぼるが、“神経質そうな女”の存在があまり話題にのぼらないのは、たぶん男より女の方が、どちらかと言えば神経質であると、みんな思っているから。ごくごく一般的に言えば、女の方が几帳面であり、女の方がキレイ好きであり、また同様に、女の方がいろんなことに気を配り、またいろんなことを気に病む、繊細な心の持ち主であると見られている。だから、キレイ好きすぎる男は何だか女っぽく、ナイーブすぎる男は妙に女々しく見えるわけなのだ。でも最近は、ほとんどの女がこう思っている。男の方がむしろキレイ好きだったり、細かかったり、気が小さかったりする。つまり男の方がよっぽど神経質だと……。だから今こう思うのだ。女の方が少し進化が早いんじゃない?と。

結論を言おう。病気の範疇に入ってしまう神経質は別として、誰もがもっているレベルの神経質は、社会生活をしているうちに、カドが取れていく。社会に慣れていけばいくほど、よけいなところに神経を使わなくなり、また、必要なところにはちゃんと神経を使うようになっていく。つまり、人としてきちんと成長していければ、たとえ本質がどんなに神経質であっても、またどんなにガサツなタイプでも、それ自体がしだいに目立たなくなっていくものだ。言いかえれば、神経質でありすぎない、神経質でなさすぎない、どちらでもない、ちょうど中間の人になるのは、大人の人間としての“完成”を意味しているのである。もっと言えば、神経質でありすぎないことは人間のもっとも大切なマナー。神経質でなさすぎないことも人間のもっとも大切なマナー……そういうことなのだ。だから“どっちでもない人”がいちばん人として進化していて、“どっちでもない女”が女としてもいちばんステキ。男も同様だから、どっちでもない男を選ぶのが、男選びでもじつは理想なんである。

「これ、おいしいから食べてみて」と、自分が使ったフォークにケーキを切り取って、いきなり相手の口もとにもっていくのは、親しい間柄でない限り、やっぱり少し神経質でなさすぎるのだろうし、それを露骨に頑なに拒否するのは、やっぱり少し神経質でありすぎる……これはそのまま人間の根本的なマナーに置きかえられる。「これ、もしよかったら食べてみて」と、コーヒーカップについてくる未使用のスプーンを相手に渡し、ケーキの皿ごと相手にすすめる人と、「え、いいんですか?」とそれを有り難く頂戴する人が、神経質でありすぎもなさすぎもしない、ちょうどいい人間だ。つまり、“よい神経質”とは、相手への気づかいのために神経を使うこと。“いけない神経質”とは、相手を巻きこんでまで自分を大事大事にするために神経を使うこと、なんである。
 一般的に、超一流のアーティスト(音楽家でもデザイナーでも)は相当に神経質で、海外から“大物”がやってくると、迎える側はひたすらピリピリするというけれど、以前インタビューしたことのある日本の超一流メイクアップアーティスト氏は、とてもナイーブな人ながら、「ボクは生来の“腰元”体質で、相手が心地よくなってくれれば、自分はどうなってもいいタイプ」と言ったのを私は忘れられない。きわめて繊細な心の持ち主だが、その神経のすべてを相手に対して使う人として、確かに業界内でも有名。真の一流は、神経まで一流である。人間、その境地まで到達できたらスゴイと感じた。 でもまずは、“神経質”が目立たない人になりたい。神経が細かすぎず、太すぎず、ちょうどいい太さの当たりまえの神経をもった人に……。

ところで“神経質そうな男”に女は何で心惹かれるのか?

面倒臭そうと思いながらも、何となく気になってしまう“神経質そうな男”、一体何がどう魅力なんだろう。私はこれ、単純に顔形だと思う。女がイメージする“神経質そうな男”に、太った男はいない。丸顔で色黒でいつも汗をかいてて、笑顔がカワイイ、ホンジャマカの石塚英彦みたいな男はたぶんいない。やせていて、ちょっと色白で、アブラが少なくて、笑顔をあんまり見せない、そういう風貌の男に、女は昔読んだ少女マンガの美少年を重ね合わせるから、ほんのちょっと本能がくすぐられるだけのこと。確かに男は神経質だとあんまり太れない。神経質な男は往々にして、ナルシストにもなりやすく、色白か、さもなければ日サロ焼け、汗はかいてもすぐ拭くし、皮脂テカも許されないから、結果として一般的な男よりも美しい。そういうビジュアルに、未成熟な美少年のおもかげを追い、ナイーブな男を少し傷つけたりしてしまう自分の姿をイメージして、ちょっぴりステキかも……と思うだけなんじゃないか。

実際“神経質な男”と付き合うのは、けっこうしんどいものらしく、よほど人間がデキていないと、そして相手をよっぽど愛していないと続かないとはよく言われること。神経質な男が何を考えているか? たぶん半分は自分を大事に取り扱うこと。ワレモノ注意の荷物を運び続けるような人生もスリリングで悪くないが、神経を自分のために使う男か、相手に使う男かだけは、しっかり見分けておくこと。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ