1. よい神経質いけない神経質

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

よい神経質いけない神経質

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

よい神経質いけない神経質

神経質でありすぎないこと、神経質でなさすぎないことは、人間のもっとも大切なマナーである。

世の中には“神経質そうな男”を、ゼッタイダメという女と、わりに好みかも、という女がいる。“男の好み”には正解はないから、両方いていいし、それぞれの言い分には、両方説得力がある。テレビの上のほこりを指ですくって、黙って目の前に出されたらイヤ……これはよーくわかるし、愛を語り合っている時に、返事がないから、よく見たら大口開けて居眠りが始まっているみたいな男がイヤ……なのもよーくわかる。しかし女の方にもいろんな事情があり、テレビの上にはゼッタイほこりをためない女もいるし、愛を語り合っている最中に、大口開けて眠ってしまう男を見て、「カワイイやつ……」と思う女だっている。つまり、男と女の相性は、そもそもが“神経質”のレベルの相性とも言えるのだ。

“神経質”のレベルは、女同士、人間同士の関わりにも、じつは大きな影響をもたらしている。というより、人が一人で生きているうえでは、何にどう神経を使おうと本人の勝手。無菌室で暮らしていても、毎日いろんなことを気に病んで、ハラハラ泣きながら暮らしても……。しかし、誰かと関わる以上、神経質のレベルは、相手に必ず何らかの影響を与えることになる。神経質すぎても、神経質でなさすぎても、相手を不愉快にするはずだ。たちまち困らせるはずなのだ。だから、人と関わって生きていくなら、自分の神経質レベルも、一度チェックしておくべきなのである。

まず、“神経質そうな男”の存在はよく話題にのぼるが、“神経質そうな女”の存在があまり話題にのぼらないのは、たぶん男より女の方が、どちらかと言えば神経質であると、みんな思っているから。ごくごく一般的に言えば、女の方が几帳面であり、女の方がキレイ好きであり、また同様に、女の方がいろんなことに気を配り、またいろんなことを気に病む、繊細な心の持ち主であると見られている。だから、キレイ好きすぎる男は何だか女っぽく、ナイーブすぎる男は妙に女々しく見えるわけなのだ。でも最近は、ほとんどの女がこう思っている。男の方がむしろキレイ好きだったり、細かかったり、気が小さかったりする。つまり男の方がよっぽど神経質だと……。だから今こう思うのだ。女の方が少し進化が早いんじゃない?と。