1. キレイが役立つ女役立たない女

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

キレイが役立つ女役立たない女

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

キレイが役立つ女役立たない女

キレイによって得た"自然な自信"に肩を押されて何か別のことをする……それが"つまらない美人"にならないコツ。

“つまらない美人”という言い方がある。顔はキレイだけれど、それだけ。いや、顔がキレイだから、なおさら退屈な印象が増してしまう女・・・・・・。まったくもったいない話だが、キレイは放っておくと、飾りっぱなしの造花みたいに、どーでもいいものになりがちなのだ。

しかしながら、“つまらない美人”って一体誰?と聞かれると難しい。女優とかモデルとか、キレイだからその仕事を手に入れた女性たちは、キレイがきちんと役に立ってる。演じることや服を着ることで、大なり小なり人の心を動かし、キレイであることで周囲に心地よさを与えてる。キレイが立派に結実している。キレイがつまらなくない人たちだ。でも、たとえばキレイであることで、突然注目を浴びたのに、アッという間に消えてしまうタレントとかが、もしいるとすれば、彼女はたぶん“つまらない美人”だったのだろう。キレイを武器に、せっかく世に出るチャンスを得たのに、舞台にあがって、ただ目をパッチリさせているだけ。それでは年明けのX'masリースみたいに、「捨てちゃう?」「いやとりあえず、どっかにしまっとこ」みたいに、倉庫の奥にしまわれてしまうのだ。

私たち女は、“キレイになること”自体を目標に掲げる。でもキレイを最終目標にしてしまうと、ゴールした時にすることがない。「キレイになったね」とほめられて、鏡の前でうっとりできる、それ自体は喜びだが、キレイが形ある幸せをせっせと運んできたりは、しない。だから、キレイ自体は案外虚しいもの、と気づくだろう。キレイによって得た“自然な自信”、それで何をするか・・・・・・。そこで何もしないから、“つまらない美人”になってしまうのだ。