1. 人柄のよさがモノを言うとき言わないとき

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

人柄のよさがモノを言うとき言わないとき

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人柄のよさがモノを言うとき言わないとき

「いい人のふりなどやめよう」と言われても、やっぱりいい人になろうとしてしまう……そのクセが"真のいい人"を育てあげる。

「私って人に誤解されやすいタイプなの」自分の性格をそう説明する人がいる。何をどう誤解されているかと言えば、「本当はそうじゃないのに、カンジ悪い、性格悪いというふうに周囲から見られているの」。わかっているなら、直せばいいじゃない?しかし、「憎まれっ子、世にはばかる」は本当で、そういうタイプはいろんなところでけっこう力をもつことが多い。たとえば、成功している女優の中にも、自称“誤解されているタイプ”は少なくない。いつどこでも誰にでも、穏やかでニコやかなタイプが成功できるほど甘い世界じゃないということか。しかしこれは女優という特殊な職業での話。たとえばバラエティ系の仕事では、むしろ“協調性”や愛嬌の方を求められたりするから、人柄が目立っていい人の方が大成しやすいとも言われる。ただ、どっちにしろ特殊な世界。一般社会は少々事情が違ってくる。

結論から言うなら、オフィスという場面では両方なきゃいけない。個人の力で戦っていく強さをもちながら、協調性もちゃんとある。そういう意味では、多少の猫はかぶっても、人柄のよさを印象づける一方で、ある時は誤解を恐れず自分をきちんと押し出すことも必要ということ。その使い分けこそが、OLの評価を分けるのだと言っていい。正直なところ、多くの人が「自分はそうそう人柄がいいわけではないが、それほど悪いわけでもない。でも、少なくとも外ではいい人で生きていたい・・・・・・」と思って生きているのじゃないだろうか。いい人の時もあれば、よくない人の時もある、両方合わせて私・・・・・・そう思っている人が多いのじゃないか? でもそこで「外ではいい人でいよう」とすら思わない人が、「私は誤解されやすいタイプ」と自己弁護しながら、いい人であろうとする努力を放棄している。そして、戦う人柄だけをムキ出しにして、人を押しのけながら勝っていく、それだけが目立つ人もいるわけだ。言いかえれば、一般社会での人柄は、いい人であろうとするかしないか、それだけの差なのかもしれない。