1. 愛するより、愛されたい女

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

愛するより、愛されたい女

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

愛するより、愛されたい女

愛されるためには、髪ふり乱して、愛されているかどうかを確認しないことである。

どんな恋愛論も「愛されるより、愛したい」とその結論を締めくくる。でも、多くの女はこう思うんじゃないだろうか?そう言いたいのはヤマヤマよ。でも所詮、相手から愛されなければ、本当の幸せなんてやってこないじゃない?愛してばっかりで、愛されないなんて、悲しいじゃない?と・・・・・・。少なくとも、自分から愛するより、相手から愛される方が、ずっとずっと難しい。恋愛の苦しみは、すべからく“彼に愛されていないかもしれない不安”から始まる。「愛されるより、愛したい」なんて、やっぱりキレイごとじゃないのか?

女はそもそも、愛されたい。「愛してるよ」「愛してるよ」と年がら年じゅう、言ってほしい。愛されないと生きていけないのは女の宿命なのである。ただ、ここでちょっと思い出してほしいことがある。“愛するより、愛されたい”と願うのも、そもそも愛してばかりじゃ自分がかわいそう・・・・・・だったからのはず。与えるばかりじゃ、自分があまりにも惨めだから、愛をもらう女になろう、もともとはそうだったはずなのだ。なのに、愛されよう愛されようと必死になりすぎると、女はかえって自分を見失い、自分を大切にしなくなる。愛されているかどうかを確認するために、自分のことをそっちのけで、彼の行動をすべて知っておこうと躍起になり、時々は彼のメールを盗み見たりする。それが“愛されている女”の姿だろうか。