連載 齋藤薫の美容自身stage2

愛されるより、愛したい女

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

たとえ愛されなくても、ずっと愛していける女を支えるのは、たったひとつ、”尊敬”だけである。

「愛されるより、愛したい」は、どこかキレイごとだと言った。いっくら愛しても、相手に愛されなきゃ話にならないじゃない?とも言った。でも、女性の中の何%かは、心の底から「愛されるより、愛したい」と思っている。そして彼女たちは押しなべて気高く逞しい、与えられるより与えたい・・・・・・心からそう思える女たち。もしもそうなれるなら、女はいつかその境地まで達しておくべきだと思う。そう簡単に、なれるものではないけれど。ただ断っておくが、それは相手が逃げているのに、「私はあなたを愛しているの。なぜわからないの?」と追いかける、ストーカー的な愛し方をする女のことではもちろんない。ストーカーは、愛していることだけに満足しているのでは決してなく、相手を偏愛するあまり、相手が自分を愛しているのだという幻想にとらわれている。だからもちろんこれは除外。

そしてもうひとつ、相手の気持ちはさておき、自分が好きなら突っ走り、キライになったらサヨウナラ、それができてしまうエゴイスティックな恋愛の仕方を繰り返している女も、その限りではない。自分から好きにならなきゃ、恋愛が成立しない・・・・・・そう言い切ってしまうのは、あまりに唯我独尊、恋愛に身勝手でありすぎる。じゃあ、“愛されるより、愛したい女”とは誰なのか?

当たりまえの恋愛をしていても、それ相応の年月を経て、とても心が静かになる時がくるかもしれない。相手が自分を愛しているかどうか、不安をまったく感じないわけではないけれど、もし仮に愛されていなくても、もし仮に彼が他の女に心を移したとしても、自分の気持ちは基本的にゆらぐことがないような時。そう思える心の平穏。たぶんそれは、尊敬だろう。相手を心から尊敬できた時、女は初めて心の底から“愛されるより愛したい”と思えるのだ。しかし、恋愛感情を尊敬まで持っていくことは、容易ではない。尊敬が恋愛感情に変わることの方がむしろ多かったりするほど。しかし尊敬している先生と恋愛して、やがてドロドロになって結果軽蔑するなんてこともあるから、その尊敬は本当の意味での尊敬ではなかったのかもしれない。

と言うより、人を心から尊敬できる人って、じつはそれほど多くはないのだ。「尊敬する人は?」と就職試験なんかで聞かれて、堂々と誰かの名前を言える人は少ないはずだ。「父です」とか「母です」とか「両親です」と答えることについては、賛否両論あるものの、尊敬がある意味でいちばん深くゆるぎない感情なのだとすれば、いちばん身近な人を尊敬し、尊敬しつづけるのはとても常識的だし、充分ありうること。しかも、もっとも身近で、我がままも言えちゃうし、自分を愛してもくれる人を心から尊敬できるのは、自分自身がある種とても謙虚でまっすぐであることの証。しかし、そこにちゃんと客観性があるかどうかは、そのうちの家族全員を見てみなければわからない。とんでもないカン違い家族かもしれないのだから。

恋人をやがて尊敬していくことのできる女性は、おそらく謙虚で冷静で、客観性もある人と言っていいのだろう。しかし、それが本当の尊敬かどうか、それを計るのが、愛されるより、愛したいと、心底思えるかどうか。相手に愛されなくなっても、じっと相手を愛していけるかどうかにかかっている。かつて、男が他の女のところに走ろうが、その女と心中未遂をされようが、じっと耐えて相手を想った作家の妻や愛人たちは、案外それに当てはまるのかもしれないが、さて今どきはどうなのだろう。ともかく、一般にはキレイごとの“愛されるより愛したい”を成立させるのは、唯一“尊敬”という感情のみ。また駆け引きなく、男を本気で尊敬できる女は、本当にまれなのである。

そして、恋愛という狭い感情の中ではなく、人生において“愛されるより、愛したい”という信念をもつに至る女性も、まれに存在する。50代で出家した作家瀬戸内寂聴さんが、その出家の理由をこう語っている。流行作家として、ある意味の富と名声を得た時に、“自分が望んでいたのは、こんなことだったのか?”そう考えて、迷える人を導いたり、悩める人を救ったり、ともかく広義に“人のために役立つこと”を目指して仏門に入った、と。そこまで行ける人は、男だろうと女だろうとほんのひと握り。でも、実在する。別に仏門に入らなくても、ふつうの生活を営みながら、何らかの“人のため”になることを自分の役割と気づいてしまう人は、存在するのである。

ただ、そこまで行けるのは、何らかの自分の欲望を満たし、何かをやり遂げた人であることが多い。言うなれば、“愛されること”それ自体や、それに匹敵することを、おなかいっぱいになるまで成し遂げる。しかし与えられることや、獲得することだけに執着することなく、今度は自分から人に何かを与えたいという次元まで進んでいく人なのだ。人生において、そこまで行く人もいれば、行かない人もいるけれど、何か同じ人間として生まれたならば、そこまで行く人生にしたいと思う人は、少なくないと思う。

そのためにも、若いうちは愛されることや、与えられること、手に入れることを優先させてもいいのかもしれない。そうやって、おなかがいっぱいにならないと、本音で“不特定多数の他人を愛したい”なんて絶対思えない。だから今はいい。愛されたい愛されたいと女の本能の赴くままに、願えばいい。いつか、体中から愛があふれ出す人になるために。

男を尊敬できる・・・・・・それはひとつの才能である

子供の頃、“ヘレン・ケラー”とか“ナイチンゲール”の本を読まされたのは、人を尊敬するお勉強だったと思う。人を尊敬するとは、どういう心情を言うのか、また尊敬すべき人とはどういう人なのか。今の子供なら、もっとリアルに、イチローとかを尊敬すべき人としてソツなく用意しておくのかもしれないが。

ただ大人になるにつれ、人は誰かを素直に尊敬する心を忘れていく。みんな人それぞれ、自分の選んだ道を歩いていけばいいんだからね、と自らを納得させ、自分の10倍も100倍も優れた人の存在を、見て見ぬふりをするようにもなっていく。しかしそのまんま歳をとっていくと、どこか偏屈でひとりよがりでカン違いの激しい大人ができあがってしまうのだろう。できれば早い時期に、20代から30代で、先輩でも上司でもいいから、身近に尊敬できる人を見つけておきたい。まだ自分の価値観が完璧に固まってしまわないうちに、子供の時に覚えた尊敬の心を思い出しておくのだ。一度、自分がいちばんエライと思ってしまうと、心がカチカチになって、人に対して心が動かなくなる。そうなる前に心をほぐしておくべきなのだ。

それも、尊敬できる男を選び、将来、夫を尊敬できる妻という、いちばん穏やかなポジションを得るための練習。愛する人を尊敬できる・・・・・・結果としてそれが女にとっていちばん高度な幸せに違いないのだから。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ