1. 変わりたいあなたへ!!確信の大変身術

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

変わりたいあなたへ!!確信の大変身術

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

変わりたいあなたへ!!確信の大変身術

昔、中学高校と、まったくパッとしなかったのに、高3の夏くらいから急に勉強しはじめて、引っくり返っても無理と思われた東大に現役合格した生徒がいた。いや、東大にはそういう奇跡の滑りこみ合格をするタイプが少なくないらしい。もともとそれだけの潜在能力があったのか、それとも入試はやっぱりテクニックなのか、いや、たぶん人間はイザとなれば、別人に生まれ変わることが可能だからなのである。そして同じように、ごく稀に、生まれ変わったようにキレイになる人がいる。整形でもしたの?と噂されるほど。でも、整形なんかしなくったって1週間くらいで“見違えること”も、人間には可能なのだ。

たとえば20代より30代の今の方が肌ははるかに若くキレイになったというある女性は、肌にシワだのくすみだのたるみなどが、なぜか一斉に現れた33歳、“あー自分はもう終わり”と落ちこんでいる時、夫に浮気され、それをとがめたら逆ギレされ、「おまえは醜い」と言われた。この言葉で頭に血がのぼって一念発起、もっている化粧品をすべて使って、ガムシャラにお手入れして、ああでもないこうでもないと何時間もかけてメイクして・・・・・・その過程の中に“私って何てキレイなの?”と自分で自分にビックリしてしまう瞬間があったという。そうか、こうすると自分はこんなにキレイになれるんだ!!というツボを発見したことで、この人は見違えた。何年も試していないアイラインとマスカラを塗ったら顔だちがビックリするほどキレイに見えた。使わず嫌いのアイテムを使わせ、知らなかったキレイを発見するためには、こういう過激なきっかけも必要だということ。

また一方、自分の肌がキタナイのは生まれつきと諦めていた女性が、明らかな美肌に変身したきっかけは、ある女優をナマで見たことだと言う。その肌はアッと声をあげそうになるほどキレイ。透き通るように白くて、陶器のようになめらか。それを間近で、肉眼で見た時、自分の中でひらめきのようなものが生まれた。そうか、肌がキレイっていうのは、こういうことを言うのか!?