連載 齋藤薫の美容自身stage2

この5年間で女の評価の構造はこう変わった

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

まず松嶋菜々子の評価の変動が意味するもの

6年前、松嶋菜々子の大ブレイクは、奇しくも女の顔をコワくした悪名高きモードメイクを終わらせるようにやってきた。それは“媚びない女”“男受けを考えない女”を目指すのは、江角マキコのあの風貌でもない限り、やっぱりちょっと無理だったことに気づく頃。古風なくらいの女らしさをたたえた松嶋菜々子が登場し、女は一斉に“ン!?”と立ち止まる。当時の男たちが松嶋菜々子っていいよねと語気を強めて言い出すわけで、それは、細眉に黒い爪の女への静かなアンチテーゼだったと考えていい。だから女たちも無視できなかった。当時カフェでお茶を飲んでいたら、後ろの席で「私、松嶋菜々子に似てるって言われんのよ。あんま好きじゃないから、やんなっちゃう」と言った女性がいた。今なら振り返って声の主を大げさに見てやるところだが、当時は『上等じゃない?!』と思っただけで、わざわざ顔を見たいとすら思わなかった。甘かったのである。私も、その声の主も・・・・・・。

その後の大ブレイクは、どこにでもいそうな日本的なOL顔が、スパモ級の長い手足にくっついたがための幅広い支持と分析できたが、もうひとつ、いわゆる鈴を転がすような可憐な声にもかかわらず、古風なお嬢さん役など一切やらず、教師に弁護士、TVディレクターと、パキパキ早口で強気にしゃべる役ばかり。そのギャップに何となく心惹かれる形で世間はどんどん松嶋菜々子にハマっていく。一方、時を同じくして完全無欠の美貌をもつ藤原紀香が急上昇してきたり、若い層では才能とビジュアルインパクトを前面に出した浜崎あゆみや宇多田ヒカルなどの登場もありで、和風のスターは多少とも存在がかすんでいきそうになる。

しかし今年の人気分布を見てほしい。一度ピークを迎えれば、あとは沈んでいくしかない芸能人必至の人気グラフ、しかも今は毎年のように“一番の女”が入れ替わる。そんな中にあって、松嶋菜々子のグラフはあの結婚を機に下降しそうな気配を見せながらも、結果として今年、ひとつのピークを迎えてしまった。わずか5~6年だが、この浮き沈みの激しい時代に、5~6年フワフワしながらもトップにいつづけるのは、異例の息の長さ。木村拓哉の不思議なパワーとはまた別の、不可解なパワーをこの人はもっている。

それは言うなれば日本において、きわめて特殊な永遠性をもつオードリー・ヘップバーンへの支持と酷似している。ヘップバーンは、過去に何度も日本でブームを起こしており、たぶんこれからだって何度もブームが起きうる種類の支持。なぜならば、女は何らかの強烈な個性の引力に引っぱられていかない限り、どこかに戻る場所を必要とするからで、ヘップバーンはまさにそれ。一見古風なくらい女らしいのに、役柄はいずれも向こうっ気が強く、芯が強い、パキパキしゃべる女ばかり。そのギャップに男も女も心惹かれ、女たちはひとつの理想像として、そこへたびたび帰っていきたがる。そして松嶋菜々子もそれとまったく同じギャップをもった、潜在意識の中の理想像、だから松嶋菜々子は、たぶんほぼ永遠。しかも最近の美しさはようやく凄みをもってきた。この人、どこまで行くかわからない。きっちり見守ろう。

松嶋菜々子

古風なくらい女らしい雰囲気と、それに反する強気な役どころ。そのギャップが引力となって“一番の女”であり続ける松嶋は、女たちの理想像として、ほぼ永遠の地位を確立。まさに日本のヘップバーン的存在。

浜崎あゆみの出現がもたらした夢

日本の女が今のようにメイクに本気になったきっかけのひとつは、紛れもなく浜崎あゆみの出現だと思う。日本人がとうの昔にあきらめていたアニメのヒロインの目を、もう一度夢見させてしまったのは、日本人顔のバランスを大きく逸脱したアユの大きな目。しかしそれ以上に、本気でお姫さまになり切ろうとしたアユのコスチュームは、日本の女の中に眠っていた、お姫さま願望及びお人形願望を激しく揺り起こしてしまった。

今までのフルメイクの3倍くらい濃厚なフルメイク、しかし宝塚メイクみたいな無理やり感はない。その辺を歩いていても、異様に目立つけど、へんには見えないフルメイク、その正解を見せてくれたと言っていい。だから私たちも過去に例がないほどの勢いでメイク魂に火をつけられてしまう。少なくともメイクの未来人みたいなアユの存在が、マスカラとアイラインのブームを前例のないものにしたのは確か。

しかし“オリジナル”はどんな瞬間もオリジナルであろうとする。みんながメイクに夢中の今、アユはむしろ恋に夢中ってカンジ。そこに私たちが学びとらなきゃいけないのは、人形は恋をしない、お姫さまも恋はあんまりうまくない、つまり人形顔をつくっても、心はちゃんと生身の女の感情をたっぷりもっていて、きちんと恋をしなきゃ、本当のキレイにはなれませんよという、アユなりの教え。だってキレイはなんだかんだ言っても恋するためにある。そう思わないと、せっかくの人形顔もハリボテみたいでつまらない。アユの出現にそこまでを含めて、有形無形の影響を受けた人は、この5年できちんとキレイになっているはずである。

浜崎あゆみ

常に新しい自分を見せ、注目を浴び続けるアユ。そんなアユが今、教えてくれるのは、ただの人形顔ではダメ、きちんと恋をしないと本当にはキレイになれない、ということ。だってキレイは、恋するためにある!

柴咲コウに目指すべき年齢不詳の形を見た

ポンズのCMで「ファンデーションは使ってません!」と言ってた時は、まだ弱冠17歳だったってこと?当時から、単に“キレイな子”という以上のものを放ってた。それが今、女優として放つ底知れない才能は、なおさらその類稀な美貌を忘れさせてしまうほどの輝きを放っている。まさに10年に一人、20年に一人の逸材だ。

しかし、私たちはこの人の女優としての可能性にただ感心している場合じゃない。ここまで完ぺきな年齢不詳は、そうそうない。10代半ばで大人の女の匂いをもち、20歳そこそこであそこまでの強い存在感をもつことが、まずすごい。つまり、同じ年齢不詳でも、単に大人っぽいのではなく、強い存在感で年齢のイメージを吹きとばす、そういう年齢不詳こそが、本物だと思うのだ。だからこの人はもっと大人になった時、単に若いだけでなく、またまったく別の魅力のインパクトで、年齢をケムに巻くだろう。日本にはこういう“キレイ止まり”ではないタイプ、本当に珍しい。また、“あの子は目がいい”とか“口もとがいい”とか“声がいい”とか、さまざまなパーツが同時に注目を浴びており、こういう支持のされ方もまた頼もしい可能性を孕んでいる。

正直言って、この人の魅力は、かなり高度。単にキレイを真似ればすむ話じゃない。だからこそ、柴咲コウをマスターすることを21世紀美容の大テーマとして掲げたい。メイクやスキンケアだけでは、制覇できない美貌に、早く挑んだ人の勝ち。

柴咲コウ

多くの人を魅了するあの攻撃的な目、強い存在感・・・・・・。柴咲コウの“高度”な魅力は、これからの美容の大テーマに!映画『黄泉がえり』の主題歌「月のしずく」をRUIとしてリリースし、歌手としても注目される。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ