1. 性格ブスはうつりやすい

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

性格ブスはうつりやすい

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

性格ブスはうつりやすい

性格ブスは弱っている時に感染しやすい精神のインフルエンザ。

この冬、ウイルスの恐ろしさを私たちは再認識した。誰と抱き合うわけでもなく一日を過ごしたのに、家に帰ってくるとインフルエンザになっていて、あれ、一体誰からもらったんだろうと、通勤電車でそばにいた中年男から、ヒソヒソ話ばっかりしてくる噂好きの同僚の顔まで、自分に近づいた人の顔を一斉に思い出す。しかし犯人は不明。ウイルスは意外なほど遠くから飛んでくる。問題は浮遊するウイルスをキャッチしてしまう、自分自身の体力の低下・・・・・・。

性格ブスも、言ってみれば精神のインフルエンザ。会社で、飲み会で、人が集まるところでは、強力なウイルスとして人から人へ容赦なくうつっていく。ただ実際に発症するのは、やっぱり自分が知らず知らず弱っている時なのだ。人の悪口ばっかり言っているわりに、やたら人なつこいタイプっているものだが、仮にそれをA子としよう。そしてB子は、そういうA子を少し警戒しつつ、でもフレンドリーに近づいてくる相手を拒めずに、つかず離れずしている同僚。ところがA子との会話が妙に心地よい日があることにB子は気づく。「C子ってさ、大した仕事もしないのに、時々遅くまで残業してるのって、アレなんで?“デキる女”のふり?」みたいなことをA子が言うと「えー、そうなのかな?」とか曖昧な返事をしながらも少し元気が出たりする。

そのうち「確かに、ホントの実力以上に部長に評価されるよね」なんて言ってみたりして。「えーでもさ、C子って美人?ああいうの美人って言うの?」とA子。「少なくとも自分のこと美人って思ってるタイプだよね」と悪口の誘惑にしだいに乗っていくB子。「そーよ、そういうカン違いしてないと、ああいうピンクのワンピなんて着ないよね、ふつう」「エルメスのバッグなんか無理して買っちゃうし?」と、B子はいつの間にか悪口のネタを提供する側にまわってしまう。そしてこの先、B子はC子の悪口に関しては、A子と立派な共謀者。「ねえねえ、昨夜C子が誰と歩いてたと思う?」と共闘態勢を強めていって、2人は何かというとお茶してC子の悪口にひたっていくしくみ・・・・・・。