1. "悩むこと"は女の仕事か?

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

"悩むこと"は女の仕事か?

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

女は悩むほどに、人としてまとまってくる。そしてまとまれば、悩むのをやめる生き物。

源氏物語には、恋に悩むあまり死んでしまう女も登場するが、比較的平和な時代の貴族は、本当に恋愛ばっかりしていて、喰うに困らないからこそ、食べることの大切さを忘れ、恋わずらいで命を落としてしまうことが、実際にあったらしい。そして、今の日本の女は、当時の貴族とメンタリティがちょっと似ているなんて見方がある。基本的に平和な時代に、大切に育てられてしまったあたりは、確かに一緒。恋愛ばっかりしているわけじゃないけれど、心の弱さはよく似ている。喰うに困らぬ暮らしはもちろん、挫折に弱いあたりもよく似ている。けれど、今の日本の女は、平安貴族の100倍くらいいろんな体験を強いられているから、悩みの種類も100倍、心はもうボロボロってところだろうか。

でも、今の日本の女が“悩み体質”なのは、日本人の気質と女の脳の特性が、今の社会のしくみとマイナスにリンクしてしまっている結果とも言える。つまり、日本人の多くは遺伝的に物事をくよくよ考える気質、アメリカ人などに比べたら、悩みが洋服を着てるみたいなものらしい。しかも女は悩むのが仕事みたいな性。それはもともと脳の違いから来るものらしく、女は言わば、言葉の生き物、一日に脳に投影させている言葉の数は、男の3倍とも言われる。そして、人間の悩みは意外だけれど、言葉で編み出されるもの・・・・・・。

彼は今ごろまで一体どこをほっつき歩いているんだろ。まさか女と一緒じゃないわよね、まさか女とホテルでお食事してバーへ行って、女が酔ったところで「ちょっと待ってね」なんて席を外して、もどってきたら大きなカギをもってたりなんて、まさかしないわよね!・・・・・・と次々に想像をめぐらしていくのも、じつは出てこなくてもいい余計な言葉が頭の中にボンボン浮かんでくるからなのだ。つまり、天性クヨクヨする気質で、おまけに言葉が山ほど頭の中をかけめぐるから、女は悩むのである。