連載 齋藤薫の美容自身stage2

不安は女の宿命か?

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

結婚前の女は不安で当たりまえ。”不安”と引きかえに、自由と希望を得ているのだから。

女の悩みを、必要以上に深刻なものにしている犯人は“不安”である。つまり、悩みと不安は本来別のものなのに、“不安”を一緒くたにして考えてしまうから、こんがらがって重たくなるのが、女の悩みであると言ってもいい。前ページで、女は結婚しないと“自分の人生”のリンカクすら見えないから、いろんなことをただやみくもに悩むのだという話をしたけれど、それなどまさにその典型、“不安”にいろんな悩みを肉づけしてしまった結果なのだ。

よって、女は悩みと不安をまず引き離す。指定席の切符が手に入らなくて、自由席をとる列に並ぶ時、前から10人目でも、もし座れなかったらどうしようと恐れることが“不安”。実際、座れなくて何時間も立ちっぱなし、足やら腰やらいろんなところが痛くなるのが悩み。少なくとも、指定券のない不安は、座る席を確保すれば跡形もなく消えてしまう。あんなに胸がしめつけられるように苦しかったのがウソみたい。不安は、来る時が来れば必ず終わるのだ。だから、悩んでも無駄。不安を悩まないようにすることから始めたい。

しかし、不安がない人生というのも、また何だか味気ない。たとえば新入社員が「期待と不安で胸がいっぱいです」なんていうように、“期待”とか“希望”とかいったものは、“不安”といつもセットになっている。何かを期待するから、ダメだったらどうしようと不安になるわけだが、逆に不安がないところには期待も生まれないってこと。これ、わかるだろうか。不安を避けて生きている人は、ドキドキハラハラすることもない代わりに、期待に胸ふくらませることもできない。平穏だけど、ただそれだけ、前に進むことのない、年寄りみたいな人生になるだろう。

もっと言えば、不安を乗りこえたところにしか達成もない。不安を恐れてしまうと、試験ひとつ受けられない。挑戦そのものが成り立たない。不安は“今より良い結果を生む”ための、たったひとつの入り口でもあるのだ。サクセスストーリーの始まりは、いつもこんなふう。充分な貯えもなく、会話もまったく自信がないのに、単身アメリカへ渡り、大きなスーツケースをガラガラ引きずりながら宿をさがし不安でいっぱいの一夜をすごした・・・・・・みたいな。そういう不安な夜をすごすだけで、成功できるわけじゃもちろんないが、そういう不安を通過せずに、成功できる人はいないのである。

ただその一方で、いつもいつも不安を感じているばかりで前へ進めない人もいる。同じような不安を抱えても、不安に押しつぶされてしまう人と、不安を乗りこえて何かを達成する人がいるのはなぜだろう。二人はどこが違うのだろう。たとえば、もう2年間つき合っている彼がいて、この人なら結婚してもいいかもと思っているのに、彼の方は最近何となく逃げ腰。不安で不安で仕方がない・・・・・・そんな時、あなたはどうするのだろう。「私のこと嫌いになったの?」と問い質し、「うん」と言われたら潔く別れて、ひとりになる・・・・・・こういう人は、ある意味で“ひとりぼっち”という次なる不安にも飛びこんでいける勇気のある人。彼の心変わりという不安におののいていても仕方がない、不安は自ら終わらせてしまえ!というわけだ。

一方で、彼に好きな人でもできたのでは?とか、フラれたら自分はどうかなっちゃうのでは?とか、このまま一生結婚できなかったらどうしよう?とか、まだ起きていない出来事への不安をどんどん増やしていって、3倍4倍に不安をふくらませクヨクヨ悩む人。こういう人は結果が出ないよう引きのばしつつ、ずっとイジイジしつづけるから、男の気持ちをよけいに遠ざけてしまう可能性が高い。最初は思いすごしでしかなかった不安が的中し、自ら不安の中に埋没していく、おまけに“私の悪い予感は必ず当たるの”なんて、いよいよ卑屈になって、次の恋愛ではもうのっけから相手の心を疑ってかかったりして、何度恋しても成就しない、そういう結果に陥りがち。

つまり、こうなったらどうしよう、ああなったらどうしようと、ひとつの不安を募らせて自分をがんじがらめにしていく人は、同じ不安をずっと抱えているばかりで、結局一歩も進めない。いや多くの場合“後退”していきがちなのだ。そういう意味から言えば、女の運命をどこかで決めてしまうのは、この不安の扱い方。不安を恐れずに物事を自分で動かしていくか、不安を恐れて、八方ふさがりにしていくか、すべては自分の心の中にある不安とのつき合い方にかかってくるのである。

そう、“不安”は形のない、目に見えないもの、すべての不安は自分の心の中だけに住んでいる。なのに、その心の中の“住人”が、自分の運命を悪い方に悪い方に導いていってしまうこともあるわけだ。そう考えると、コワイ。そして、そう考えるとバカげている。自分の心の中で自分が勝手に育てた不安で、自分をダメにしてしまうなんて・・・・・・。だから、不安はぜったい育ててはいけない。ひとつの不安を募らせてはいけない。不安を次々のりこえる勇気、それだけはもっていないと、不安に弄ばれてボロボロになってしまう。

少なくとも、結婚前の女は、不安といつも隣り合わせで生きていくことになる。これだけは確か。だって、人生のリンカクが見えてくるまでは、不安と引きかえに、自由な選択と期待や希望を得ているのだし。不安だらけで当たりまえ。当たりまえのものだからこそ、不安を恐れず、不安を増やさず、不安と仲良くなって、飛びこえてしまいたい。不安は怖くない。だって来る時が来れば、100%終わる、完全に吹き飛ぶくらいのチリみたいなものなのだから。

不安をためておけない性分は是か非か?

何らかの不安がよぎると、もう眠れない、徹夜してでも、その真偽を確かめようとする性分の女は少なくない。彼の気持ちにちょっとでも疑問をもったら、ともかくその日のうちに白黒をつけなきゃ気がすまない。仕事にも行けない、そういう女が。

でもそれ、どうなんだろう。疑問や不安をずっと心の中に隠しもって、小出しにして相手を追いつめるよりは、いいのかもしれない。どんな結果になるにせよ、その日のうちに終わるのだから。でも、問題は他でもない“その日のうち”という点・・・・・・。

勢いで書いてしまった手紙は、ひと晩あけて翌朝に読むと、必ず後悔するというように、不安を感じた日は、“その日じゅうに”と勝手に決めたタイムリミットへの焦りが手伝って、白黒のつけ方がひどく強引になる。ひと晩おけば、冷静な処置ができるはずなのに、その日のうちだと、自暴自棄になりかねない。無実の罪で相手を切ってしまうかも。で、不安をためこめない、不安を翌日にもちこせない性分で、いつも別れたくない男と別れてしまうハメになったり、あとで関係を必死に修復するような事態を自ら招いてしまう女が、決して少なくないのだ。

そこで提案。不安はひと晩寝かせよう。ひと晩たっても不安を解消できないなら、翌日あらためてゆっくり白黒ハッキリさせればいい。“ひと晩”は、恋愛においてとても重要な12時間であること、忘れずに。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ