1. 不安は女の宿命か?

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

不安は女の宿命か?

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

不安は女の宿命か?

結婚前の女は不安で当たりまえ。"不安"と引きかえに、自由と希望を得ているのだから。

女の悩みを、必要以上に深刻なものにしている犯人は“不安”である。つまり、悩みと不安は本来別のものなのに、“不安”を一緒くたにして考えてしまうから、こんがらがって重たくなるのが、女の悩みであると言ってもいい。前ページで、女は結婚しないと“自分の人生”のリンカクすら見えないから、いろんなことをただやみくもに悩むのだという話をしたけれど、それなどまさにその典型、“不安”にいろんな悩みを肉づけしてしまった結果なのだ。

よって、女は悩みと不安をまず引き離す。指定席の切符が手に入らなくて、自由席をとる列に並ぶ時、前から10人目でも、もし座れなかったらどうしようと恐れることが“不安”。実際、座れなくて何時間も立ちっぱなし、足やら腰やらいろんなところが痛くなるのが悩み。少なくとも、指定券のない不安は、座る席を確保すれば跡形もなく消えてしまう。あんなに胸がしめつけられるように苦しかったのがウソみたい。不安は、来る時が来れば必ず終わるのだ。だから、悩んでも無駄。不安を悩まないようにすることから始めたい。

しかし、不安がない人生というのも、また何だか味気ない。たとえば新入社員が「期待と不安で胸がいっぱいです」なんていうように、“期待”とか“希望”とかいったものは、“不安”といつもセットになっている。何かを期待するから、ダメだったらどうしようと不安になるわけだが、逆に不安がないところには期待も生まれないってこと。これ、わかるだろうか。不安を避けて生きている人は、ドキドキハラハラすることもない代わりに、期待に胸ふくらませることもできない。平穏だけど、ただそれだけ、前に進むことのない、年寄りみたいな人生になるだろう。