1. 人に厳しい女

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

人に厳しい女

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人に厳しい女

人のミスや"だらしなさ"は、自分の落ち度の何倍も大きく見える。

あとちょっとで結婚、というところで、逃げられてしまう女。あるいは自分はそこそこ幸せと思っているのに、夫に突然離婚を言い出されてしまう女・・・・・・。こういうタイプはだいたい自分が原因だとは思っていない、心がわりした男が悪いとしか思っていない。でも、そういうハメになる女たちは、多くが“人に厳しい女”、“人に厳しすぎる女”であったりする。

“人に厳しい女”は、知らないうちに男に厳しい要求を繰り返し、男を追いつめてしまいがち。読んだ新聞をきちんとたたまない、歯磨きしたあとの洗面台が水びたし・・・・・・みたいな日常的なことから、仕事する姿勢が甘い、目標ある生き方をしていない・・・・・みたいな人生レベルのことまで、いちいち厳しいことを言う女に、男はだんだん自信を失っていったり、投げやりになったり、面倒になったりする。結果逃げ出したくなる。女の言い分は決して間違っていないから、女は男がなぜ逃げ出すのかわからない。男の方だって、言われても仕方がないことばかりだから、女のせいにはできない。“原因”はお互いわからずじまいだったりするけれど、関係をダメにしたのは、明らかに“人に厳しすぎる女”・・・・・・。

“人に厳しい女”にとって、歯磨きしたあとの洗面台が水びたしであるのをとがめるのは、しごく当たりまえのこと。でも自分の家ではそれをうっかりやってしまうのが人間で、1週間に2回以上それをとがめられると、人間はけっこう辛くなり、逃げ出したくなる。大人をとがめすぎる大人は、だからいつの間にかまわりから人を遠ざけてしまうのである。