1. 自分に厳しい女

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

自分に厳しい女

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

自分に厳しい女

「~ねばならない」から「~しよう」へ。自分への厳しさをそう切り替えよ。

人に優しく、自分に厳しい女・・・・・・女としても人としても、これは最高の女。誰にも嫌われず、成長も早い。魂レベルの高い大人になれることは間違いない。しかしながら“人への優しさ”と“自分への厳しさ”のバランスがちゃんと取れている人は、むしろ少ない気がする。つまり、優しいというよりは人に甘い、厳しいというよりは自分をギセイにしすぎてしまう、身を粉にして人に尽くしてしまう女の方が多いような気がするのだ。そしてこういう女は、単純に損である。人を許して、自分ばかりを責めてしまう、そういう女もまた浮かばれないのだ。そしてまた、自分を追いこんで追いこんで、いつもひとりで辛くなっている女も少なくない。“自分に厳しい女”は、基本的には正しいのだけれど、わりに簡単に厳しさの度を超えてしまいがちなのである。

そういうふうに、厳しすぎて自分を追いこんでしまう女には、たぶん3種類いる。ひとつは“向上心”が前のめりになりすぎて、自らつくるハードルを高くしすぎるために、それを飛び越えられなくて苦しむ女。

“自分に厳しくすること”は、確かにハードルを高くして、それを飛び越えるための努力をすることに他ならないが、高すぎるハードルを前に、なぜ飛べないの?なぜ飛べないの?と自分をただただ責めたてるのは“厳しさ”じゃない。だって、中学校レベルの実力しかないのに、いきなり大学レベルにハードルを高くしてしまったら、虚しく苦悩するに決まってる。“向上心”で自分を追いつめつづけてしまっている人は、自分に厳しくすることで、どんどん自信を失い、結果として自分をダメにしてしまいがち。もっと自分のサイズに合った向上心をもち、レベルに合った厳しさで自分を制さないとアブない。ともかくもう少し楽なコースを選ぶべき。