1. 自分に厳しい女

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

自分に厳しい女

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。


ふたつめは“ねばならない”という厳しい規制で、自分をがんじがらめにしてしまう女。何でもかんでも“ねばならない”。あるいは自分の信念に反することは何でもかんでも“してはならない”。“must”で自分を励まし“must”をエネルギー源に生きてしまう。それ自体は立派なことだが、自らつくった規制を守ることだけに必死になってしまうと、大事なことを見失ったりもしがち。

ある学者が「“~ならない”と言うと、人は何も生まない、“~しよう”と言うと、人は思いがけない力を出す」と言っていたが、たとえばの例として「学校の廊下は走ってはいけない」と言うと、みんな妙におどおどした歩き方になるが、「学校の廊下は正しく歩きましょう」と言うと、みんな美しい歩き方になり、自然に姿勢が良くなるみたいなこと。

自分に対しても同じことなのだ。“ねばならない”ばかりを自分に押しつけると、まったくゆとりのない“おどおど”あるいは“ギスギス”した生き方になっていく。でも同じことも“~しよう”と自分に投げかけるだけで、悠々とそれをこなし、次は何にしようかと、物事に対していちいち前向きになっていけるはずなのだ。同じ仕事量をこなすのでも、えらい違い。心の中で自分が自分に言う言葉も、“~ねばならない”から“~しよう”に変えよう。それだけで、ずいぶんと楽になり、上手に生きられる。心の中、頭の中に“ねばならない”がいっぱいある人は“自分に厳しく”ではなく、一日も早く“自分を励ます”べきなのである。