1. 自分に厳しい女

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

自分に厳しい女

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。


そしてもうひとつは、“全部を自分のせいにする女”。“人に厳しく、自分に甘い女”とは、要するに何でも人のせいにして生きているタイプを指すが、“人に優しく、自分に厳しい女”は、ちょっとでもバランスをくずすと、何でも自分のせいにし、何でも自分をギセイにしてしまいがちなのだ。これが、それなりの地位にある人間なら、社員の失態はすべて自分の責任と言える“立派な人”ってことになるけれど、地位も権力も何もない人間が、すべてを自分のせいにしても、誰もほめちゃくれないし、一層みじめなだけ。“自分に厳しくする”とは、そうやって自分をわざわざかわいそうな人にすることではないのだ。

小さな子供は、母親が泣いていたりすると、それはすべて自分のせいだと思うらしい。またペットの犬は、飼い主が夫婦ゲンカなんかしていると、それは自分のせいだと思うらしい。子供も犬も、親や飼い主への純粋無垢な愛情があり、自分にはこの人がどうしても必要と思うから、なんでも“自分のせい”になってしまう。同様に、恋愛していて相手のことをあまり好きになりすぎたりすると、誰が見たってぜんぜん自分のせいじゃないことまで自分のせいにすることで、相手をつなぎとめようとする。でもそれ、プライドを捨てていることになりはしないだろうか。


“自分に厳しい女”は、本来いい意味でプライドが高いから、いろんな意味でのハードルを高めに設定し、それを越えようと努力するけれど、たぶん“自分のせいにする女”は、そのいい意味でのプライドがないから、自分に辛く当たっちゃうのである。多少ともプライドをもてば、自分で自分を傷つけ、「あなたのせいよ」と自分を責めたりしないはず。自分に冷たく当たるのもいいかげんにしないといけない。自分に厳しいことと、自分に辛く当たることは、本来まったく別のこと。ホントは相手の男がどうしようもない男なのに、うまくいかなかったことで、自分を責めつづけるなんて、自分に意地悪すぎる。どんな厳しい親だって愛情があるから厳しくなれるわけで、“自分に厳しい女”も、愛情のない厳しさを自分に向けちゃダメ。自分を愛しく思わなくなった恋愛なんて、もともと間違いなのだから。

さあどうだろう。度を超した“向上心”、“ねばならない”の強制。何でも“自分のせいにする”プライドと自分愛の欠落。どれか思い当たるものはないだろうか。今のままでは少なくとも“人に優しく”・・・・・・はなれない。自分に厳しくしても、ちゃんと前に行けるゆとりのある人じゃなきゃ、人に優しくするゆとりだって生まれない。ただひたすら“自分に厳しい女”は、自分のことに精一杯、だからつまらない女になりがち。目標はあくまでも“人に優しく、自分に厳しい女”であることを忘れずに。