1. 人を疲れさせる女

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

人を疲れさせる女

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人を疲れさせる女

孤独な女は、知らないうちに人を疲れさせていないか、確認すべきである。

家に帰った瞬間、ぐったりとソファになだれこむ・・・・・・結果は同じでも、疲れにはまったく正反対の意味をもった2つの疲れがある。“楽しい疲れ”と“辛い疲れ”という・・・・・・。立ち上がれないほど疲れていても、どこかに心地よさがあるのが“楽しい疲れ”。ところが、“辛い疲れ”は、肉体的な疲労はもとより心の疲弊がひどく、脳自体もぐったりしているから、何というか、寿命がそこで少し縮まったような気さえしてしまう。

そして一見“楽しい疲れ”に思えても、じつは典型的な“辛い疲れ”であることも、人生にはたまにあり、それに気づかずにヤバイ疲れをどんどん心にためていくと、本当に寿命を縮めてしまいかねない。その代表的なものが“人を疲れさせる女”とのおしゃべりである。会社ではいちばん仲のいい同僚。よく帰りに一緒にゴハンを食べる。でもバイバイしたあと、楽しかったはずなのに、何だかとっても疲れてる。弱っていると言ってもいい。いや、そんなはずはないわと思ってみるけれど、脳がマヒし、細胞の何割かがしぼんでしまっているようなカンジ。おかしい、何でだろう。楽しかったはずなのに・・・・・・こういうことってないだろうか。