連載 齋藤薫の美容自身stage2

人を元気にする女

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

元気は少しずつ、身近な人に、うつしていくもの。だから誰でもなれる、人を元気にする女。

今みんな“元気”になりたい時代である。世の中、理不尽なことがとっても多く、心が傷つくこともとっても多い。でも自分の中に“元気”さえあれば乗り越えられる、それをみんな知っているから。もちろんそれだけじゃない。みんな自分の人生を“成功”に導きたい。手応えある人生にしたい。でもそのために最低限必要なものは何かと言えば、じつはお金でも美貌でも才能でもない、何かを頑張るための“元気”である。それをみんな知っているから、今みんな“元気”が欲しいのである。

そもそも今、輝いている人って、みんな“元気”。旬の女優から、女性経営者まで、何だか光を発している人って、要するに元気だから光ってるのだとみんな知っている。いくらキレイでも、いくら才能があっても、“元気”じゃない人に魅力はない。どんなお金持ちも、どんなに恵まれている人も、“元気”じゃないと不幸そう。元気がないと、女は100%くすんで見えることをみんな知っているから、ともかく“元気”になりたい時代なのである。でも時々不思議に思うことがある。元気って、どこからやってくるのだろう。というより、元気っていうのは元気になろうともがいてもなれるものじゃない。ユンケル飲んだりニンニク食べたりすれば、走れば乗れそうな電車に駆けこむみたいな一時的な元気や、各種サプリメントや話題の “健食”をうまく摂れば、朝パッと目が覚めカゼをひかないみたいな元気は得られるだろう。

でも、私たちが欲しいのは、そういう元気とは少し違うような気がする。何かもっと、胸の奥で湧きあがる元気。脳でそれを受け止めて、全身に元気のエネルギーを送りこみ、前へ歩き出す元気。何より気持ちを前へ前へ向かせる元気。それは、サプリメントでは得られない。かと言って、握ったこぶしにガーッと力を入れてもダメ。もちろん、元気の総量は何割かまで生まれつき決まっていて、最近の研究ではマザーオブホルモン“DHEA”の分泌量の個人差が、元気の個人差になっているとも言われる。でもそういう宿命的元気量を超え、気持ちを前に押し出し、生き生きハツラツな表情にしてくれるものとは何なのか?今年就職した会社で、居心地がよく仕事が面白くなってきた新入社員は、あと2年くらいは元気がつづくだろう。そして恋人ができた人はもちろん、結婚が決まった人も、とっても元気。そして今年、阪神タイガースファンは何となく元気である。

とても単純に、心の底から喜べることがあれば、人は放っておいても元気になれてしまう。そういう意味で、人間はひどく単純な生きものなのである。そして単純だからこそ、関わる相手によってもたちまち元気になったり落ちこんだりする。今日は何だか一日気持ちが前を向いていて、足どり軽く歩けたし、妙なヤル気も出てきて、お教室のパンフレットを3種類ももって帰ってきちゃった・・・・・・みたいな人が、なぜだろうと理由をたどっていったら、一緒にランチをした会社の先輩に行きついた・・・・・・みたいなこと、たぶんあるはずなのだ。

かといってその先輩が、何か大層なことを言ってくれたのではない。たぶんその人は、あなたを丸ごと受け入れ、受け止めて、そして返してくれるタイプの人だったんじゃないだろうか。私にもいた、その人と会うと必ず元気になれてしまう人が。どんな人かと言えば、まず人の話をよく聞いてくれる。決して否定はせず、すべてを好意的に見てくれる。かと言って聞き役にまわるのじゃなく、自分の話もする。でもよく聞いていると、それは自分の話であって、自分の話じゃない。その人はあくまで、私の話の流れを曲げずに、 “もし自分があなたの立場だったら・・・・・・”とか“自分にもあなたと同じ経験があって・・・・・・”とか、すべて私の話題に引っかけて話をする人だった。気がつくと全編私の話。“私自身”がその会話の間中、ていねいに語られていた。私が思ったこと。私が悩んだこと。私が望んでいること。そして“私って一体どんな女?”ってことまで。

それはある部分、“心療内科”がやることと似ていた。聞いてくれて肯定してくれる。「こうしなさい」はあまりなく、ただ自分の心の中が認められたような安心。たぶん深い落ちこみのない人ならそれだけで心が整理され、ずっと閉め切られていた窓が開けられ、新鮮な空気が入ってくるような気がするから、元気になれたのだ。聞いて、肯定してくれる、最終的にはそれだけのことだったのかもしれないが、本当に元気が出たのである。

もちろん、人に認められればそれだけで元気になれる。認め上手も“元気をくれる人”なのかもしれない。でも、良いところだけをさっさと認められてしまうより、ダメな自分もひっくるめて、肯定された方が人はもっとうれしく、安心できる。そして心の中がすっきり整頓され、新しい風が入ってくる。そこでエネルギーが生まれるのである。

もし“人を元気にする女”になりたいなら、別に頑張ってガシガシ励ましたり、誉めそやしたりすることはない。ただその人を好意で受け入れ、認め、肯定してあげればいいのである。これなら、友だち同士だってできる。いつもいつも、元気づけなくたっていい。自分が多少元気で、ゆとりがある時だけで。元気は少しずつ、身近な人にうつしていく、そういうものなのかもしれない。

元気の良循環

たとえば、洋服一枚買っても、女は二、三日は元気でいられる。翌週はその服に合わせる靴とかベルトを買って、コーディネイトを完成させたことでまた元気になる。小さな元気の良循環・・・・・・でも、要するにそういうことの積み重ねが、女を“元気な女”にしていくのじゃないか。

髪を切って、カフェオレ色にカラーリングしたら、急にスキンケアをもっと頑張りたくなって、ちょっとキレイになったらもっとキレイになりたくなって、コンシーラーを買い、カールのきくマスカラを塗りたくなるみたいに、ひとつの行為が次々に新たなキレイの動機を生んでいき、結果、髪を切る前よりも、ずっと元気な自分ができあがるのも同様。よくあること。自分の手で元気を生むためには、頭で元気になろうと思ったり、心の中で元気をつくろうとしてもムダ。何でもいいから、ともかく何かを始めるしかないような気がするのだ。

たとえばお菓子づくりの教室に通い始めて、まず緊張もありながら少し元気になって、そこで友達ができて元気になって、習っているお菓子づくりがだんだんうまくなって、自分に自信をもってまた少し元気になって、じゃあ今度はウジウジしながら通っていた会社をやめて、本格的にパティシエの勉強を始めるために留学へ、なんて・・・・・・。これぞまさに元気の連鎖。じっとしている限り元気は生まれない。机上で元気はつくれない、そういうこと。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ