1. 結婚してみたい女

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

結婚してみたい女

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

結婚してみたい女

"一度はしてみたいな"というカワイイゆとりが幸せを呼ぶ。

「私はね、一度結婚してみたいだけなのよ」そういう言い方をする女性が、最近とても増えてきた。一度は結婚してみたい・・・・・・そこには、今までの日本の女が持っていなかった“新しいゆとり”というものが息づいている。結婚に対する女性の意識は、時代とともに少しずつ変わっていくものだが“結婚したい”ではなく“結婚してみたい”と、願望の新しい形が生まれたのは初めてかもしれない。かつて“結婚したくない”とか“結婚しないかもしれない”といった意識が注目された時代もあったけれど、それらはやっぱりどこかに無理があったように思う。新しい女の意識として、世間がそれを大げさに取りあげただけ。でも“一度してみたいだけ”という言い方は、女たちのかなりの本音。“結婚したい”以上の本音なんじゃないかと思うほど・・・・・。つまり日本の女の結婚願望は、もともと“結婚したい”のじゃなく、“一度結婚してみたい”に近いものだったんじゃないかと、そこまで思うのである。

そもそも“したい”と“してみたい”には大きな違いがあり、「ハワイに行ってみたい」は、ハワイがどんなところかをまだ知らないからとりあえず知りたいという想い。「一度は行ってみたい」と言うと、一回行けばたぶん気がすむだろうからという判断もそこに加わる。“一度は結婚してみたい”も、一度すれば納得する、たとえすぐダメになったとしても、それはそれ。一度試せただけで満足……みたいな割り切りが感じられる。一回は経験しておきたいけど、それ以上のものでもないわという余裕も感じられる。そこに、“結婚”というものに対する冷静で客観的な目を養った、今どきの女たちの姿が浮き彫りになってくるのである。