1. 結婚してしまった女

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

結婚してしまった女

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

結婚してしまった女

"したい"とあせった女は、したとたん"してしまった女"になってしまう。

そう、世の中には“結婚したい女”ばかりじゃない、“結婚してしまった女”もたくさんいる。つまり、結婚している自分や結婚している現実を、時々でもうらめしく思う女は、決して少なくないのである。未婚で、しかも結婚したい女には、理解できないのかもしれないが、今の夫に不満はなくても、「あーあ、私、結婚してしまったんだ・・・・・・」という、後悔にも似た戸惑いを胸に抱えながら妻をやっている女は、ある数いるのだ。そして、そういう女たちの心の声に耳を傾けていると、女にとっての結婚の定義が、今この瞬間も、少しずつ変わりつつあることがわかってくる。

たとえば、20代半ばくらいでその時付き合っている人と、とても自然な流れで“結婚した女”・・・・・・きわめて一般的なケースだが、こういうタイプに限って、この“してしまった感”を強く感じていたりする。言うまでもなく、早めに結婚したことで、知らずに終わってしまったこと、やらずに終わってしまったことが、じつはとてつもなく大きかったんじゃないかと思っているからである。

人生はどう引っくり返っても、2つのコースを同時に経験することは不可能だから、あの時“結婚しなければ”“あっちの人と付き合っていたら”といういわゆる“たら、れば”発想をいちばん持ち出しがちなのが、この“結婚してしまった女”なのである。結婚を選ばずに、独身キャリアをやっている女は、“あの時、結婚していれば・・・・・・”とはあまり考えないが、そうやって過去をふり返り、悶々とするのは、だいたい“結婚してしまった女”なのである。それも“結婚してしまった女”は、基本的に何かをギセイにしたと思ってるから。従って“結婚してしまった感”の強い女ほど、不倫に走る。もし結婚していなかったら、自分はもっと愛され、もっと評価され、女としてもっと高く売れたかもしれないと思うから、ひとまず恋愛に走る。もともと恋愛体質で、ときめいていないと生きている実感がないというタイプは別として、不倫する妻は、結婚によって失ったのかもしれない“栄光”を、ちょっと見当違いの不倫で手っ取り早く取り返そうとしている場合が多いのだ。