1. "いい人をやめよう"のウソ

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

"いい人をやめよう"のウソ

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

"いい子"をやめたら楽になる……それは自分が"いい人"でないことに悲しみを感じなければの話。

ある優秀な社員が、“会社をやめたい”という意志をもらした時、引きとめるために上司が彼女に差し出したもの・・・・・・それは「いい人をやめましょう」という提案が書かれた一冊の本だったという。殺伐とした空気が一般のオフィスにまで広がっている今、なんだかほのぼのとする話である。いい人になんかならなくていい、いい人をやめよう・・・・・・それは、頑張っているから辛い人を、根底から救おうとするメッセージで、その部下に対する信頼あってこその心のこもったアドバイスであるのは間違いない。

しかし部下は、上司の心づかいを“気持ちだけいただいておく”ことにした。“いい人をやめる”って、一見とてもよいアイデアに思えるし、現実にそれですっかり救われる人は、今の世の中確かに多いのだろう。でも、その人は違った。いい人をやめたら、もっと辛くなるだろうことがわかっていたから。そもそも人はなぜ“いい人”をやろうとするのか?まわりの人との軋轢を避け、何事も丸くおさめるため。そしてまわりの人に嫌われないため。だからそこには、ガマンと良識と、いつも気を抜けない一種の緊張感が必要で、基本的に自分を押し殺さなければならないから、当然のようにストレスの固まりになるのだろうというのが、“いい人”への一般的な認識だ。