連載 齋藤薫の美容自身stage2

“いい人をやめよう”のウソ

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

“いい子”をやめたら楽になる……それは自分が”いい人”でないことに悲しみを感じなければの話。

ある優秀な社員が、“会社をやめたい”という意志をもらした時、引きとめるために上司が彼女に差し出したもの・・・・・・それは「いい人をやめましょう」という提案が書かれた一冊の本だったという。殺伐とした空気が一般のオフィスにまで広がっている今、なんだかほのぼのとする話である。いい人になんかならなくていい、いい人をやめよう・・・・・・それは、頑張っているから辛い人を、根底から救おうとするメッセージで、その部下に対する信頼あってこその心のこもったアドバイスであるのは間違いない。

しかし部下は、上司の心づかいを“気持ちだけいただいておく”ことにした。“いい人をやめる”って、一見とてもよいアイデアに思えるし、現実にそれですっかり救われる人は、今の世の中確かに多いのだろう。でも、その人は違った。いい人をやめたら、もっと辛くなるだろうことがわかっていたから。そもそも人はなぜ“いい人”をやろうとするのか?まわりの人との軋轢を避け、何事も丸くおさめるため。そしてまわりの人に嫌われないため。だからそこには、ガマンと良識と、いつも気を抜けない一種の緊張感が必要で、基本的に自分を押し殺さなければならないから、当然のようにストレスの固まりになるのだろうというのが、“いい人”への一般的な認識だ。

もちろんそこには“八方美人”にならざるをえない“いい人”への批判なんかもあり、“いい人”をやらない人からの「なにイイ人ぶってんのよ!」という、悪口もある。つまり、“いい人”をやっていれば、まわりの人に嫌われないかと言えばそうじゃなく、周囲のやっかみみたいなものも甘んじて受け入れなければならないから、けっこう因果な選択なのだ。だからもう、いい人なんかやめちまえば? きっと楽になれるから・・・・・・という提案があって当然。別に人とうまくやれなくたっていいじゃない?頭にきたら、悪態ついちゃえばいいじゃない?ムカついたら、ケンカしちゃえばいいじゃない?本音で生きると、心にたまった重しやよどみが一気に晴れるよ。そういう提案があって当然なのだ。

でも本当にそうなのだろうか?いい人をやめたら本当にそんなに楽になれるんだろうか?日頃、言葉を荒らげたり、怒りを表面に出したことがない人が、ある時思いきってやってみたそうである。人の言葉にタテをつくこと。別にケンカになってもいいから「あなたは間違っている!」と言ってやること・・・・・・。その直後に、長年の胸のつかえが一気に取れたように、爽快な気持ちになることを頭に描きながら。しかし、実際はまったく違った。自分の口から出た“否定的な言葉”が、ブーメランのようにまた自分に返ってきて、自分を傷めつける。“いい人”をいっときでもやめたことを、彼女はすぐに後悔した。本音を言えないストレスどころじゃない、もっとはるかに重いストレスが飛んできて、たったひと言の悪態が、その後何日も、自分を苦しめることになったのだ。

慣れないことをやったからではない。“いい人”でない自分自身がストレスになり、自分の口から出た否定的な言葉それ自体が、大きなストレスになってのしかかってきたのである。本音を言ってしまうのって、こんなに大きな苦悩をともなうものだったの?と身ぶるいし、もう二度と、言葉を荒らげたりしない、“八方美人”と言われようが、“いい子ぶりっ子”と言われようが、自分はいい人をやり続けようと心に決めたそうである。もちろん世の中には、“いい人”でない自分を感じることに何の悲しみももたない人が、じつはいっぱいいる。そういう人も一度は“いい人”をやってみたのだろうけれど、バカバカしいからやめちゃったのかもしれないし、もともと“いい人”になろうと思ったことすらなかったかもしれない。

でも一方、人と関わる自分は絶対に“いい人”でなければならないというふうに生まれついた人もいる。早い話それが持って生まれた“人格”なのかもしれないが、“いい人を生きる”ことは、自分が背負ってしまった使命と感じている人もいる。なのに、辛いのなら“いい人をやめなさい”と言うのは変だ。全員に同じことを言うのは間違いだ。“いい人”として自分を押し殺し、“本音”を言わないことが、本当は少しも辛くない、むしろその方がずっと楽な人は、たくさんいるのである。

人と争うくらいなら、自分を押し殺したい。人を批判するくらいなら、自らを否定したい。怒りをのみこみ、いつも穏やかに笑っている、そういう自分がいちばん好き、好きだからやっている。そう、“いい人”が好きで“いい人”になりたいといつも思っていれば、自然とそれが身になってきて、しみついてきて、気がつけば本当にいい人になっていることだって充分ありうるのだ。少なくとも20代の多くを“いい人”で生きられたらもう大丈夫。体の中に“いい人”がたまっているはずだ。今さら“いい人”をやめたら、もったいない。せっかく貯めた“いい人”がムダになってしまわないか?

不思議なことだが、“いい人”をやめたとたん、たちまちいろんなところから小石が飛んでくるみたいに、人とぶつかることが多くなるだろう。本音で生きるのは、それなりの覚悟も必要、まさに伏魔殿に入るようなものだから。そして“いい人”でいることは、人間関係に対するバリアであることを思い知らされるはずなのだ。“いい人”は“いい人”同士、身を寄せ合って生きていることも・・・・・・。だから“いい人”は少しもストレスじゃない。ずっと死ぬまで続けてもいいんである。いや、続けてほしい。臆病な私などはこう思う。いい人をやめる人が一人減るたびに、世の中はやっぱり少しトゲトゲする、それはやっぱり困るなと・・・・・・。

“いい人”のイメージは損か得か

かつて、“いい人”のイメージは、キレイにおいて、明らかに損だった。なぜなら昔は、美人はみんな冷酷で意地悪、反対に、不美人はみんな性格がいいという決めつけがあったからだ。なぜそうなったかは不明だが、“天は二物を与えず”という平等の概念が、美人は性格がよいはずがないと思わせてしまったのだろう。ただ確かに、“いい人”すぎると美人になれない。人よりちょっとでも前に出ようという欲や負けん気がなければ、美人になんてそう簡単にはなれないし、単なる“いい人”は美容以外のことにせっせと心を砕いてしまうから、大人になるにつれ冴えなくなる。基本的にそういうしくみがあるから“いい人“すぎると、美人には見えなくなってしまうようなブレーキがかかったわけだ。

でも最近はだいぶ事情が変わってきた。どんなにお洒落なレストランも、料理の味がまずけりゃ三日でつぶれてしまうように、世の中がつくる基準が一様に厳しくなり、美人も美人なだけじゃ許してもらえない。中身も美しくなきゃ美人なんて呼んであげないという、シビアな時代になってきた。だからこそ今は、超ワガママな人気女優などは存在しないらしい。そこそこ“いい人”じゃなきゃ、美貌だって認めてもらえない。よって今明らかに、“いい人”効果がキレイにも効き、いい人だともっとキレイという時代。そういう意味でも“いい人”をやめちゃダメ。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ