1. "いい子になる"のウソ

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

"いい子になる"のウソ

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

"いい子"は、愛されたい生き物。"いい人"は、人を嫌わない生き物。でもだから"いい人"の方が楽である。

“いい人”と“いい子”は、ハッキリと別の生きものである。“いい人”は、人とぶつからないよう、穏やかにたおやかに生きている善良な市民であるのに対し、“いい子”は「ひとりで“いい子”になっちゃって」などという表現があるように、その場その場で正しい存在であろうとする優等生。“目的”が明らかに違うことはわかるだろう。“いい人”が人と争わないための処世術なら、“いい子”はむしろ人に評価されるための処世術。そして、“やめた方が楽になる”のは“いい人”よりむしろ“いい子”の方じゃないかと思うのだ。 

子供の頃に親の前で“いい子”のふりをずっとしてきたというある女性は、大人になってからおそらくはその弊害であろうことに悩んでいる。あまりにも傷つきやすくて、会社勤めがなかなかできなかったりする。好感度はとても高くて就職試験は難なくパスするが、続かない。上司や先輩に多少とも強く注意を受けると、そのショックで何日も立ち直れない。つねにつねに、ほめられていないと不安になってしまうというのである。

しかも彼女は未だに親に対して、“いい子”であり続けようとしていた。だから、会社で傷ついたことなどもちろん言えない、体調が悪いと言って会社を休む。しかも自分は会社でとても評価が高いと、親には伝えている。会社を辞めることになっても親にそれを告げられず、それがまた大きなストレスになるという具合。人間は、親の前で“いい人”のふりはしないでも、“いい子”のふりは大人になってもやってしまう。つまり“いい子”のふりは基本的に自分のいちばん身近な人に対してやってしまうから、ウソにウソを重ねるみたいな形で、自分を追いこんでいきやすいのではないだろうか? だから“いい子”にはなるもんじゃないのだ。とりわけ愛を得られないと知った時の“いい子”は開き直りも手伝って、極端なゆがみを見せてしまいやすい。