1. 幸せを無駄にする女

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

幸せを無駄にする女

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

幸せを無駄にする女

"幸せになること"を望みすぎると"なれるかもしれない不安"から逃れようとして、女は歪む。

“昭和の女”に比べると、“平成の女”は、幸不幸の個人差が明らかに激しい。幸せな人とそうでない人の落差が、20年前に比べるとかなり大きくなった気がするのだ。幸せを最初からあきらめてしまっている女が増えているからである。いや、それどころか、幸せに対して投げやりな女性が増えている。「自分はどうせ幸せになんかなれっこない」そう思いこみ、幸せになることを放棄しかかっている人が、今少なくないのである。

なぜそこまで悲観的になるのだろう。なぜそこまで幸せに対して卑屈になるのだろう。ひとつには10年ほど前に終わったバブルが、女たちにも、とんでもなく幸せになれそうというおいしい夢をいっぱい見させた、その反動という見方がある。そのバブルをぎんぎんに謳歌した今の30代には、未だに夢から覚めずに“自分は必ず人より幸せになる女”と信じて疑わない人もある数いるが、もともとその波にのれなかった30代と、そういう30代の挫折を見ながら大人になった20代は、幸せに対する熱意をもてなくなっていると言っていい。

幸せを投げ出すもうひとつの要因は、逆に幸せをあまりに強く求めすぎるために、途中で疲れてしまうというケース。ちょっと逆説的だけれども、今は女性の幸せ願望がかつてないほど強い時代。昔の女は、自分の身の丈に合ったサイズの幸せしかイメージしなかったが、今は誰もが無制限に大きな幸せをイメージできる時代。だから子供の頃から強い幸せ願望を心の中で育ててきて、あまりに大きく育ちすぎてしまったために、いよいよ幸せをつかもうという年齢になる前に、それを破裂させてしまう女は少なくないのだ。

幸せになりたい、どうしても幸せになりたい。でも果たして自分は幸せになれるのか?なれないんじゃないか?そういうふうに、願望がやがて大きな不安に変わり、その不安を抱えきれなくなって、逃げ出してしまう。結果、どうせ私は幸せになれないという投げやりな心を生んでしまうのだ。ちょうど異性を意識しすぎて“男嫌い”になってしまうみたいに、つまり問題は、幸せに対する異常な執着ということになる。