1. 不幸を楽しめる女

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

不幸を楽しめる女

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

不幸を楽しめる女

幸せな時、人は何も生まない。だから人生でいちばん不幸なのは、ただ幸せな自分がずっと続くことである。

自分は、人より不幸である、平均より不幸である・・・・・・そう思っている女は、たぶんとても多いはずだ。幸せな時は幸せな自分に気づかず、幸せでない時だけ不幸な自分を自覚するのが人間だから。しかも、今の時代、女がますます欲ばりになっていて、幸せのハードル自体が高くなっている。だから、以前よりも「私は充分に幸せです」と言い切る人が少なくなった。何をもって“平均値”とするのかは不明だが、“自分は人より不幸かも”という印象をもつ人が増えているのは確か。ただそのせいか、同時に女は不幸に対して強くなったと思う。多少の不幸感ではへこまない。よほどの不幸に見舞われないと、めげない。幸せである瞬間のほうがよほど少ないけれど、それでも何とか明るさを保って生きている、みたいな、ある種けなげな女が増えているのだ。

こんな女性がいた。自分は人より何かが優れているわけじゃない。そして人より運がいいわけでもない。だから、幸せになろうとしたら、ガムシャラにならなきゃいけない。でもそこで無理して幸せになろうともがかない、自分の性格が好き。“不幸であることにあんまり頓着しない自分”が気に入っている・・・・・・そう言った人が。一方にこんな人もいた。自分は人よりたぶん少し不幸だろうけれど、いつかきっと今より幸せになれると信じていて、だから不思議に少しも辛くないという人が。

もしあなたが、平均より幸せではなくて、それでもわりに平気・・・・・・というなら、それはなぜだろう。そういう自分に納得している理由は、上の二人のように、人それぞれなのだろうが、自分の不幸を一時的にでもちゃんと自覚している人だけが、じつは本当の幸せをつかめる人なんじゃないかと今思う。なぜなら幸せとは、不幸との比較によってのみ実体をもつもので、不幸がなければ、幸福もないからなのである。“人は、幸福とまったく同じ分だけの不幸をもたなければならない”という言葉があるし、“自分の中に不幸が存在するから、幸福も感じられるのだ”という言葉もある。