1. 個性と欠点の分かれめ

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

個性と欠点の分かれめ

人気連載「齋藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

個性と欠点の分かれめ

キレイじゃない個性なんて、サヨナラだ。誰の心も魅了しない個性なら、いらない。

人間の魅力は、もちろん“人と違うところ”に宿る。しかも21世紀はますます“個性”の時代。女優からOLまで、女も個性がないと売れない時代。ところが私たちは個性と非常識をよくはき違えてしまう。個性もちょっと間違えば“非常識”になり、個性を気どっていたら、いつの間にか周囲に嫌われてしまってたということにもなりかねない。だから聞いてほしい、個性と欠点のビミョーな分かれめ。

「あの人、変わってるね」あなたがもし、周囲にそう言われていたとしたらどうだろう。自分に限って、そんなことを言われているはずがないと思うだろう。でも考えてみてほしい。日常的なウワサ話の中で、ちょっとだけ誰かの悪口を言う時に「ま、あの人、変わってるからね」などと言って、話を終わらせることはよくあるし、逆に、ふつうの人ができないこと、たとえば早朝、街のゴミ拾いなんかをしている人を、ほめ言葉の延長として「あなた、変わってるよね」と面と向かって言うこともある。いや、もっと安易な理由で、私たちは周囲の人間を“変わってる”と言っている。たぶん“自分と違うことをする、または違うことを言う人間”は、みんな“変わってる”のだ。つまり“普通の人”なんてそうそういない。みんなどこかが“変わった人”なのである。

しかし人との会話において“変わっている”と言われていたら、とってもマズイ。それは間違っても個性じゃない。人と話を合わせる常識を持ち合わせていない、明らかな欠点と言っていい。もっと言えば、人の心が読めない、その場の空気が読みとれない、重大な欠点と考えてもいい。そういう “変わりもの”にだけはなっちゃいけないのである。