1. “愛情”と“しつこさ”の分かれめ

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

“愛情”と“しつこさ”の分かれめ

人気連載「齋藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

“愛情”と“しつこさ”の分かれめ

感性豊かな頭のいい女ほど"しつこい女"になりやすい。まさに人生の皮肉なり。

もうひとつ、紙一重のものがある。恋愛において相手に向けられる“愛情”と“しつこさ”……。それを分ける一線は、誰でも踏み越えてしまう可能性のあるもの。どんな知性的な人でも、どんなデキる人でも、どんな恵まれた人でも、踏み越えてしまえる一線と言っていい。それくらい紙一重、それくらい分かれめがビミョーなんである。

“愛情”も、場合によっては言い訳になったり、隠れミノになったりする。たとえば、彼の家の前で彼の帰りをひっそり待ってしまうようなことがあるとしよう。待ってる最中、女は“できればこんなことはしたくない”と思う。したくないと思うが、“愛しているんだから仕方ないじゃない?”と自分に言い訳して、納得して、物かげに身をひそめたりしてしまう。愛情は時に人を傲慢にし、身勝手な判断をさせてしまうのだ。

もちろん、昔のまじめな恋愛本などには、“相手の気持ちを考えて、相手がいやがることをしないのが、本当の愛情”と書いてあって、それはみんな百も承知。“一般論”として、わかりすぎるくらいわかってる。でも、自分自身が相手への愛をノドまでいっぱいにしてしまうと、そういう一般論はどこかに吹っとび、“愛は貫いてこそ尊いもの”なんていう、別の格言を引っぱり出してきてしまう。尽くしすぎるのも、相手を縛ろうとするのも、他の女の存在に激しく嫉妬するのも、また彼と結婚したいと強く思うのも、すべては“愛情の強さ”から来る気持ちだから、これは間違っていないのだと決めつける。それが“しつこさ”の一線を越えていることに気づかずに。

じゃあ一体どうしたら、“愛情”と“しつこさ”の一線を踏みはずさずにいられるのだろう。結論から言うならば、“しつこさ”に発展するのは、ニセの愛情だと気づくこと……やっぱりこれしかない。