連載 齋藤薫の美容自身stage2

“愛情”と“しつこさ”の分かれめ

公開日:2015.04.23

人気連載「齋藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「齋藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

感性豊かな頭のいい女ほど”しつこい女”になりやすい。まさに人生の皮肉なり。

もうひとつ、紙一重のものがある。恋愛において相手に向けられる“愛情”と“しつこさ”……。それを分ける一線は、誰でも踏み越えてしまう可能性のあるもの。どんな知性的な人でも、どんなデキる人でも、どんな恵まれた人でも、踏み越えてしまえる一線と言っていい。それくらい紙一重、それくらい分かれめがビミョーなんである。

“愛情”も、場合によっては言い訳になったり、隠れミノになったりする。たとえば、彼の家の前で彼の帰りをひっそり待ってしまうようなことがあるとしよう。待ってる最中、女は“できればこんなことはしたくない”と思う。したくないと思うが、“愛しているんだから仕方ないじゃない?”と自分に言い訳して、納得して、物かげに身をひそめたりしてしまう。愛情は時に人を傲慢にし、身勝手な判断をさせてしまうのだ。

もちろん、昔のまじめな恋愛本などには、“相手の気持ちを考えて、相手がいやがることをしないのが、本当の愛情”と書いてあって、それはみんな百も承知。“一般論”として、わかりすぎるくらいわかってる。でも、自分自身が相手への愛をノドまでいっぱいにしてしまうと、そういう一般論はどこかに吹っとび、“愛は貫いてこそ尊いもの”なんていう、別の格言を引っぱり出してきてしまう。尽くしすぎるのも、相手を縛ろうとするのも、他の女の存在に激しく嫉妬するのも、また彼と結婚したいと強く思うのも、すべては“愛情の強さ”から来る気持ちだから、これは間違っていないのだと決めつける。それが“しつこさ”の一線を越えていることに気づかずに。

じゃあ一体どうしたら、“愛情”と“しつこさ”の一線を踏みはずさずにいられるのだろう。結論から言うならば、“しつこさ”に発展するのは、ニセの愛情だと気づくこと……やっぱりこれしかない。

多くの女は、恋をすると、すぐ“愛”という言葉を使いたがる。「愛してる?」「愛してないの?」と。でもたぶん多くの女が“愛情”と信じている相手への強い想いは、ちょっとバランスをくずした自己愛にすぎない。“理性を超えて相手を求める恋愛感情”は、愛情とは似ても似つかないのに、それを“尊い愛情”とカン違いするから、人は“しつこく”なってしまうのだ。その“バランスをくずした自己愛”がいつの間にか自分の欲望を満たすことに必死になっているのは言うまでもない。相手を縛ったり嫉妬するのはもちろん、誠心誠意相手に尽くしたりするのも、じつは自分の思い描いた夢を実現するためのプロセスにすぎない。相手不在の欲望なのだ。それを“愛情”という都合のいい言葉におきかえるから、人はしつこくなってしまうのではないか。じつは相手への想いじゃなく、100%自分の欲望と思ったら、そういう自分がこわくて、物かげで彼を待ったりできるはずがない。

いずれにせよ、しつこくなるのは、どれも愛情じゃない。恋愛以外においても、たとえば親子関係において、母親が子供を“溺愛”したり、お受験に全エネルギーをかけたりするのも、子供を自分の手の中に入れておきたい、自分がエリートのママになりたい一心。やっぱり“愛情”の名を借りた自己愛にすぎないのじゃないか。

その違い、そのカン違いに気づくと、しつこくなった女も、ハッと我に返ることがある。あとから考えて、あれ、何で私はこんな男におかしくなるまで夢中になっていたのだろうと思うことが、女にはよくあるが、それなどまさに、“愛情”とカン違いした欲望を自覚した証拠。少しも尊いものじゃなく、“貫く”にまったく値しないものだったことに気づく瞬間なのだ。

そう、愛情とはもっとしみじみしたもの。恋愛感情が、いろいろあって、夢も幻想もウソも間違いも、すべてのゼイ肉がそぎ落とされた時に残る、じつはとても静かなあたたかな感情なのである。だから、“愛憎相半ばする”みたいな言葉は、めったやたらに成立するもんじゃない。憎しみと紙一重の愛情なんて、そんじょそこらの恋愛で生まれるはずがない。愛憎相半ばする場合の愛情は、それこそ極端に身勝手な、感情の“私利私欲”にすぎないのである。

そして問題は、“しつこさ”が女を少なからず、蝕んでしまう点にある。“深い愛情”は栄養のように、女をすこやかに育てていくが、“しつこさ”による消耗は、本当に体に毒。だからできれば一生、避けて通る方がいい。一度やるとクセになるのも“しつこさ”の特徴。早いとこ、愛情との見極めを。

たぶん、そこの“見分け”がつかない人間が、深く関わってもいない相手に対してもつ間違った欲望を“人生に代えても惜しくない愛情”と大カン違いして、ストーカー殺人などを起こしてしまうのだろう。その見分けを間違ってしまっては絶対いけないのだ。“愛しすぎてしまう女”は、それをだいたい繰り返す。相手の男が替わっても、必ずいつも愛しすぎて、必ずしつこくなる。ふつうに考えたらこれはおかしい。相手によって、愛情の量は変わるのが本当なのに。

ここまで言ったら気づくだろう。しつこくなっている時の愛情は、ニセである。そしてハッと我に返ったら、その相手はだいたいどーでもよくなってしまう男なのである。

それよりもっとしみじみあたたかい感情をもてる相手をさがそう。あるいは今の恋心をあわてず走らず、歪ませず、ていねいにゼイ肉をそぎ落として、ほのぼのとした感情に育てていこう。そこにあなたの幸せは待っている。

しかしながら、 “しつこい女”はなぜかみんな魅力的

“しつこい女”は、だいたい何度恋愛しても、しつこくなる。だからと言って、何度失敗しても懲りない、 “頭の悪い女”……などでは意外になく、むしろ仕事場では仕事ができて、男にも女にもわりにモテて、オシャレでキレイでセクシーな女だったりする。ブランド物を集めることと化粧することと、玉の輿に乗ることしか頭にないような女ではなく、女としては、わりに奥の深い、人間的センスのある女だったりする。

なぜだかわかるだろうか?恋心をたちまちエスカレートさせて、バランスをくずし、それを安易に愛情とカン違いする女には、感性豊かでエネルギッシュで、人間として熱いタイプが多いからだ。それが、欲望に衝き動かされた結果でも、そういう女はわりに物欲は少ない。“物欲”ではなく、“人欲”というべき欲望が強いタイプ。言うならば、自分以外の人間を巻き込んでも欲望を満たそうとするカルマをもった女と言っていい。そういうタイプは、喜怒哀楽も激しく、感動する心もちゃんともっている。だから、物より人に対して、欲望を燃えたたせてしまう宿命にあるわけだが、日常生活にもどれば、感性豊かで頭も良ければ、オシャレでセンスもいいから、そこそこキレイになれるし、会話も面白い。仕事にもエネルギッシュに取り組めるから、総合評価として、だいたい“イイ女”になりうるわけだ。しつこい女は、魅力的。因果だね。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ