1. 出直す女と引きずる女

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

出直す女と引きずる女

人気連載「齋藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

出直す女と引きずる女

本当に"もったいない"のは、長い恋愛をダメにすることじゃなく、他の恋愛を知らずに終わることである。

たとえば、彼と別れたような時、引きずらない方がいいに決まってる。出直す方がいいに決まってる。そう、簡単に出直すことができたら、何も苦労はしない。じゃあ人はなぜ、引きずるのか?

これはもう答えは明らかだ。人はだいたい、自分の人生の選択肢はいくつもないと思っている。つまりこの人と別れてしまったら、自分には一生“恋人”などできないかもしれない。この会社を辞めてしまったら、自分を認めてくれる会社はもうないかもしれない……みんな、そう思うから、引きずるのだ。自分が生きられる人生は、ひとつかふたつと思っているから、ひとつの事柄に執着してしまうのではないのか。自分はいくつもの人生を選べる立場ではないと思うから、さっさとそれを終わらせて、次のコースを歩き出すことができないのではないのか。

でもみんな間違っている。人生の選択肢は、無限にある。しかも今の日本の独身女性は、世界でもいちばん選択肢をいっぱいもってると言っていい。結婚したら、子供ができたら、選択肢は突然減るし、男は男というだけで、まっとうな仕事をもち、家庭をもってそれを支えていかなきゃいけないという義務感を宿命的にもたされる。でも、女は幸い、何をしていても、逆に何もしていなくても、男よりカッコがつく。“家事手伝い”という選択から、“海外留学、そのまま移住”という選択まで、幅広くカッコがついてしまうし、どこでどう暮らそうと行方不明にならない限りは後ろ指をさされない。ひょっとすると、そこまで選択肢が多いからこそ、早いとこ結婚して子供をつくって……と、自分の選択肢を逆に無意識にせばめていこうとしてしまうのかもしれないけれど……。ともかく日本の独身女性は生きるコースを無限にもっている。それをまず多くの人が、忘れてしまっている。自ら選択肢をせばめながら、その狭い選択肢に自ら執着してしまう。その悪循環に、みんな気がついていないのじゃないか。

何かに失敗して、ゼロにもどった時、あるいは誰かと別れて、“ひとり”にもどった時、自分の選択肢が無限にあることに気づいている人は、少しも慌てないし、少しもひるまない。たぶん悠々と、次のコースをさがすのだろう。前のコースを引きずりながら、後ろを振り返り立ち止まって、前へ行けないなどということはないだろう。これを逃したら、次がない、だからしがみつこう……などとは思わないはずなのだ。