1. マジメな女が強い!

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

マジメな女が強い!

人気連載「齋藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

マジメな女が強い!

どんな才能もマジメとセットになっていないと、もったいないことに、生涯花開かない。

“残っていく人”と“残らない人”という言い方がある。おそらくすべての世界に、“残っていく人”と“残らない人”が存在するのだろう。一般の企業では、新卒の新入社員が100人入ったとしても、2年後くらいには半分に減っていたりして、“残っていく人”と“残らない人”が明確だ。芸能界でも、毎年何百人というタレントや歌手がデビューしているというが、とりあえず顔が知られるようになる“残っていく人”は、ほんのほんのひと握り。一時期よく見かけたのに、知らないうちにいなくなってしまう人も思いのほか多く、それも“残らない人”に入るのだろう。茶道教室からダンス教室まで、おけいこの世界でも、3回でやめる人もいれば、30年も“残っていく人”がいる。この前のWカップでは、“残っていく国”と“残らない国”が1ヵ月間、毎日のように明暗を分けていたが、スポーツの世界でもまた、“残っていく人”と“残らない人”が、非情なほど明確なのである。そして最近とみに“残っていく人”と“残らない人”という言い方がよく使われるのは、何かを“始めよう”と思う人があらゆる世界で増えていて、でもその分だけ挫折する人もすごく増えているという証拠だろう。

ここで何が言いたいのか?“残らない人”は「だって、つまらないんだもん」とか、「条件が悪すぎて……」とか「運のいいヤツっているんだよね」とか「自分の力を認めてくれる人がいない」などと言い訳をしがちだが、残らない、または残れないのは、要するに“マジメさ”がなかったことが始まりなのだ。

たとえば、今をときめく女優と言えば、誰だろう。今ここで3人くらいを思い浮かべてみてほしい。黒木瞳に米倉涼子に菊川怜、いえ松嶋菜々子や藤原紀香もまだまだ……という具合に。この人たちが一世を風靡できた理由を、たぶんみんなは、“キレイだから”“スタイルがいいから”“オシャレだから”なんて思っちゃってるだろう。でも、ハッキリ言って、キレイでスタイルが良くてオシャレな人なら、他にもいっぱいいっぱいいる。この人たちが成功した理由も、じつは人一倍マジメだったから。でなければ、今の地位はないはずなのだ。キレイなだけで“残れる”世界などはこの世にひとつもない。“残らない人”はそこに気づかないから、残れないのである。