1. 人のせいにする女の人生

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

人のせいにする女の人生

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人のせいにする女の人生

たとえば、失恋から立ち直れるのは、「あんな男を選んだ自分が悪い」と気づいた瞬間である。

“人のせいにする”のが良くないことなのは全員が知っている。それでも、ほぼ全員が、何かしらを“人のせい”にして生きている。たぶんそうでないと、世の中ぜんぜん上手くまとまらないからなんじゃないだろうか。

子供の頃、家の中では、「だってお姉ちゃんがいけないんだもん」などと、相手のせいにしまくっていたが、そんな時は親が「そうね、今のはお姉ちゃんが悪い」、「でもこれはあなたが悪い」と、いちいち誰のせいなのかを明らかにしてくれた。でも一歩社会に出ると、本当は誰のせいなのか、よく解らないことがたくさん存在する。仕事がつまらないのは、自分にやりがいある仕事を与えない上司のせい?魅力ある同僚がいないせい?でもそんな部署に自分を配属した会社のせい?そんな会社を受けろ受けろと強くすすめた就職部の先生のせい?いや女子学生はそんな会社にしか就職できない“就職難の時代”のせい?つまりそういう不景気を改善できない小泉さんのせい?……という具合に、とめどなく犯人を発展させていくこともできるわけで、そこで「すべては今の世の中が悪い」と思えれば、いっそ気持ちは楽になる。ただ犯人を小泉さんまで持っていきながら、“でもひょっとして自分のせい?”という疑念がわずかでも頭をかすめないと、とってもマズイ。

つまりこういうこと。人間、自分の失敗を100%“人のせい”にするほどバカじゃない。多少とも、“誰かのせい”にできるようなことなら、ムシャクシャしてもいるだろうし、とりあえずその誰かのせいにして、「まったくもう!」と心の中でイカっていればいい。ただそれで気がすんだら、「でも半分は自分が悪いのかも」と最後に思うべきなのだ。自分が関わる物事すべて、責任の半分は自分にある。であるならば、相手がほとんど悪い場合でも、半分は自分のせいにして終わらないと、人生逆に辛くなる。