1. 自分のせいにする女の人生

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

自分のせいにする女の人生

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

自分のせいにする女の人生

20代のうちは、すべてを"自分のせい"にしてい生きるべきである。

小さな子供やペットの犬は、家族が大声でケンカしていたりすると、すべて“自分のせい”だと思って、心を痛めるのだという。汚れがなく、人を憎まず、人が憎み合うことさえ知らないから、あらゆる争いのもとは“自分にある”と思ってしまう。おイタをして、よくしかられている子供やワンちゃんなら、なおさらそう思ってしまうわけである。

しかし、20代後半から30代にかけて、女は再び何もかもを“自分のせい”にしようとする時期を迎える。もちろん、子供やワンコのように、あまりに純粋だから、ではない。人生が思うように動いていかないことで自分に対する自信をとことん失い、そこから抜け出す術を年齢的にもてないまま生きてしまうからである。恋もうまくいかないし、仕事もパッとしない、毎日も楽しくない……そういうふうに何もかも一緒くたにしてしまいがちな20代後半は、要するに“自分がダメだから”という答えを早急に出して、すべてをそれで説明してしまうようなところがあるのだ。

と言っても、もともと劣等感が強かったとか、根っから自信がないわけじゃない。むしろ自分の20代後半は輝かしいものになるはずだという期待をしすぎたから、その通りにいかないことにガク然とする。しかも、社会に出てから結婚するまでの間、女は人生をなかなか“人のせい”にできなくなる。学生時代は、“親がうるさい”とか“勉強もしなきゃいけない”“就職しなきゃいけない”という義務感があるから、思うようにならないことを何となくそのせいにできた。まだ学生だから……という言い訳もできたはずだ。ところが、社会に出ると、すべては自分の責任。自分が幸せじゃないのはなぜ? と考えた時、誰のせいにもできないことに突然気づいてしまうのだ。誰のせいにも、何事のせいにもできない孤独と不安……それが20代後半くらいにはずいぶんとたまってきており、だからすべてを“自分のせい”にして、苦しむことになるのである。