連載 齋藤薫の美容自身stage2

内弁慶な女になろう

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

誰に対しても穏やかなのに、恋人には強くでてしまう…… そんな女の内弁慶は、どこかけなげ。

“結婚できない女”は、なぜできないか?そこには今まで多くの回答が出されてきたが、私が思うに、もっともよく真理を衝いているのが、「結婚できない女は、なまじ人として正しいから結婚できないのだ」という見方である。女同士の会話の中でよくかわされる「いい女ほど結婚できない世の中なのよ」というフレーズも、同じような意味なのだが、この“人としてなまじ正しい、いい女”とは、一体どんな女なのか。

周囲にとてもよく気をつかい、感じがよく穏やかで常識的、いわゆるバランスのとれた女性……。世間から見たら、まったく難はない。しかし、こういう女性に限って、つき合っている彼氏にだけは、わりに強くモノを言い、時には横暴になったり、我がままになったりもしてしまう。まさに“内弁慶な女”。しかし彼女たちは、親や兄弟、親友など、身近な人の多くには、よく気をつかい、ちゃんと優しい。たぶん世の中でたったひとり、恋人にだけは強く出られてしまうタイプと言っていい。

強く出るから当然ぶつかったりモメたりする。下手には出ないから、自分をちゃんと持った男とはなおさらよく衝突する。結果、相手に対する愛情はあっても、なぜかうまくいかなくなり、結婚までは至らない。ただ世間は彼女にそういう側面があることをあまり知らないから、ああいうよくできた女性がなぜ結婚できないのかしらね……と首をかしげられる、まさに内弁慶な女。ある意味、当然のなりゆきとして、彼女たちは結婚できない、いや、結婚を自ら遠ざけているようなところがあるわけなのだ。

ただこういうタイプ、今の世の中にはすこぶる多い。社会に出て、立派に仕事をこなす独身女性には、ともかく多い。ひょっとすると彼女たちは、自分の恋人を使って、バランスを取っているのかもしれない。社会に出た自分を律するため、バランス感覚ある優しい女性のまま他人と関わるため、自分の恋人に犠牲になってもらっているのかもしれない。もっと言えば、彼女たちは自分の幸せそのものを犠牲にしているのだ。男たちが家庭を犠牲にし、社会での自分を確立しようとするのと同じで、今の社会性のある女たちは、無意識に自分の幸せと引きかえに、社会での“正しい自分”を保とうとしているのだ。

逆に、「どうしてあんな意地悪で自己チュウな人が、早々と幸せな結婚できるのかしら?」と、不思議がられている女性がいるとすれば、それは、内弁慶な女とまったく反対に、恋人にはどこまでも優しく従順で、ちゃんと尽くしたりができるのに、世間には攻撃的で反抗的だったりするタイプ。自分の幸せだけは、絶対に犠牲にしないタイプと言ってもいい。とはいえ、こういうタイプは往々にして欲ばりで、社会的立場の確立にも熱心、何を犠牲にするかと言えば、おそらくは対人関係。だから、「あんな人がなぜ早々と結婚できるの?」と周囲に言われてしまうわけである。そう考えると、仕事、人間関係、そして結婚のすべてを上手く行かせる女性など、まずいないということになる。みんな何かを犠牲にしている。まったく無意識にでも、何かを諦めないと、女は今の社会で生きてはいけないのだ。

もちろん、幸せになりたくない女など、ひとりもいない。みんな同じだけ、幸せになりたいと思っている。でも、他人との関わり合いをできるだけ円滑に行い、バランスのいい社会人として生きようとする女は、知らず知らず優先順位として“自分の幸せ”を後ろにまわしてしまうから、恋人とぶつかることが多くなり、結婚を逃がす。もっと欲ばりで身勝手なら、他人より恋人を大事にできるのに……。

ただ、世間という目でもって、いろんなタイプの女たちをながめれば、やっぱり恋人とぶつかりながら、社会で他人とぶつからない、親兄弟ともぶつからない“内弁慶の女”の方が素敵に見えてしまうのは確か。「いいじゃない?人はどうだって。自分の幸せを最優先すれば……」という意見はもちろん多いし、それはそれでありだと思う。しかし、“なまじ人として正しい”とは、“自分を優先すること”がどうしてもできないという意味。なまじっか、正しい人間性は、何がなんでも自分の欲を通していくことができないからこそ、恋で泣くことも多くなるのである。

から、内弁慶なために結婚できない女は、とても素敵。そこでこういう女たちの耳に入れておきたいのは、ある既婚女性のこんな言葉。「外では人に気をつかいまくって、世間的には私、“いい人”って呼ばれてるけど、夫に対しては少しも“いい人”じゃない。でも、私がメチャクチャ言っても、怒るでもなく言い返すでもなく聞いてくれる穏やかな夫だから、結婚もできたし、離婚にも至らない。彼も私が自分以外の人にはちゃんと優しくできる女だから、仕方ないと言っている。むしろそういう女で良かったって言ってくれている。内弁慶な女をあえて選ぶ男ってちゃんといるんです」……大丈夫。内弁慶な女だって、幸せをつかむ方法はいくらでもある。

いちばん結婚しちゃいけないのは、永遠に、内弁慶の男である

女の“内弁慶”はよくて、男の内弁慶はいけないなんて、ヘンじゃない?と言うかもしれないが、外へ出たら控えめでも、夫の手綱はしっかり締めておくのが、日本の正しい女という価値観がベースにあるから、女の内弁慶はありなのだ。でも内弁慶の性別はもともと男。説明するまでもなく、家では威張っているのに、一歩外へ出ると小っちゃくなっている、しょうもない男を指し、勇気のない男は男としてサイテーで、気の小さい男ほど、家に帰ると威張りちらすという現実を指摘している。女の内弁慶とは、大きく意味合いが変わってくる。

だから、内弁慶な男とはやっぱり決して結婚すべきではない。外で小心、家で偉そうにする男ぐらい、夫として使えないものもなく、出世もせず、家の手伝いもせず、だいたいがウソつきだから困りもの。ただこういう男ほど、つき合っている時は妙にご立派に見えてしまったりするから、私たち女は気をつけなければならない。“男は、最低でも内弁慶でなければいい”くらいの気持ちで、内弁慶度をチェックしておくべきである。最近は、内弁慶もできず、家でも小っちゃくなっている男が急増しているが、内弁慶のように“男”をひけらかさない分だけマシ。

外で強気、こわいもんなしで、そのぶん身内には優しい男は、外でバランスよく誰にでも優しい内弁慶な女と、きっといい家庭を築き、夫婦ともども繁栄することだろう。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ