1. 外面の良さはバレている

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

外面の良さはバレている

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

外面の良さはバレている

外面がよくても得をしない時代。陰でコツコツ頑張る人が最後は勝つしくみができてきた。

近ごろ流行りのタレント、たとえば菊川怜のような旬の女性を取りあげて、「じつは理屈っぽいに違いない」というような性格分析をするのが、女たちの間で今、趣味化している。まあ、ランチの話題などにおいては、同僚をターゲットにした危ない会話をするよりはぜんぜん罪がなく、ある種のストレス解消にはなっている。ともかく、特定の人物の性格をああだこうだと分析し合うのは、人間にとってひとつの快楽。それなりに鋭い分析ができると、相手をどこかで知的征服できたような気がしてしまうからであり、仲間うちでそれをやると、どこかの研究室が力を合わせてドえらい発見をした時のように、強い連帯感が生まれるから、チームワークを育てる上では格好の話題となりうるのである。

それにしても、今どきの女たちの分析は鋭い。美人のタレントや有名人を片っ端から悪く言ってしまうと、ちょっとひがんでいるみたいで美しくないかなという、バランス感覚による制御もきちんと利いていて、わりに都合がいいのは、そういう女性タレントと電撃入籍したような男を、ああだこうだと分析し“征服”することで、その一見幸せな結婚にケチをつけるみたいな分析。しかし、それが「なるほど、その通り」」とヒザをたたいてしまうような鋭い分析が、たとえば中山美穂の結婚などでは、本当に全国津々浦々、よく聞かれたはずである。女たちはいつからこれほどの分析力を身につけたのだろう。いかに情報社会だからと言って、人間の内なる性格が丸見えになるような情報があるわけじゃない。