1. 人と比較する人生は空しい

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

人と比較する人生は空しい

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人と比較する人生は空しい

人と自分を比較するなら、羨むのではなく、最後まで比較しつくし分析せよ

ひとつの結論から言えば、他人と自分を比較するから、人間は辛いのだし、隣の芝生は必ず青く見えてしまうから、人間は辛いのだ。まず、「私は幸せではないかもしれない」と思う時、人は必ずどこかで“幸せな人”と自分を比較しているし、あらゆる嫉妬は、比較から始まる。もしも、人と自分をまったく比較しなければ、人間もっとずっと楽になるし、もっとはるかに幸せな瞬間は増えるはずなのだ。

しかし、自分が比較したくなくても、学校は、社会は、人と人をさまざまに比較してきた。成績優秀者の名前が廊下に張り出されたりは、まだいい方で、成績によってクラス分けしたりする学校も現実にあったわけだし、男子が勝手に「ミス3年2組」の公開投票などをして女子を傷つけた。そもそも“偏差値”は比較の象徴、私たちは比較されること自体に慣らされてきた。だから大人になっても、自ら他人との比較でものを考えるクセがついている。そのために、何をやってもどうせ人には勝てないからと、最初から諦めてしまう諦めグセがついてしまっている人もいれば、いつも“平均”でいた方がいろんな意味で楽だし安全と考えてしまう人もいる。そして一方、人と比べて上位にあろうとばかりしてしまう人もいる。

何もヤル気が起こらないのは諦めグセ。ファッションから仕事から結婚まで、すべて人と同じであろうとするのは、“平均願望”。妙なエリート意識は、言うまでもなく上位でありたいから生まれるもの。どう転んでも、“比較”は、人を良い方向へ導いてはくれない。日本人に自立心や個性が育ちにくいのも、明確なクラスがないのに加え、比較する社会であるからだとも言われる。つまり私たち日本人には、根底に“比較する心”が流れてしまっていると言わざるを得ない。多少の比較は、もう仕方ないのである。