連載 齋藤薫の美容自身stage2

人は比較するものを、間違っている!

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

男選びも、仕事選びも、男同士、仕事同士を比べるんじゃなく自分自身を比較せよ

A男とB男……二人の間で揺れ動くワタシ。A男はエリートでオシャレで、やること話すことすべてスマート、でもちょっぴり冷たく、浮気しそう。一方、B男は優しくて思いやりがあって、ワタシをとても大事にしてくれる人だけど、ごくごく普通のサラリーマンってカンジ。さあ、ワタシはどっちの男を選ぶべき?こういう二者択一は、本当に悩むけど、単純に、優雅な暮らしがしたいだけなら、絶対A男だが、心穏やかでほのぼのとした幸せが欲しいなら、やっぱりB男。そもそもこういう冷たいエリート男と優しい平凡男という2つのタイプは、きわめて対照的かつ典型的な男の属性と言ってよく、女にとってこれは“究極の選択”なのである。

でも、ここで私たち女が間違えがちなのは、男と男を比較してしまうこと。そこで比較すべきは、本当は自分自身なのに。つまり、A男と一緒にいる自分と、B男と一緒にいる自分自身、一体どっちがより“いい女”で、どっちの自分を自分が好きか……それを比較するのだ。そうでなく、男の方を比較すると、あとで相手とうまく行かなくなった時、あーあ、あっちの男を選んでおけばよかったと必ず後悔することになる。でも、相手といる自分自身を比較すれば、それぞれと自分との相性も自然に見ることになり、おそらく時間がたつほど、「この人を選んでおいてよかった」と思うはずなのだ。

A男といる方が自分らしくいられると思ったら、浮気の2つや3つはガマンできるかもしれないし、B男といる方が自分も優しく心穏やかでいられると思ったら、出世の遅い夫も気長にあたたかく見守ることができるのだろう。逆にA男といる自分は明らかにムリしていると思うなら、やめておいたほうが無難。ムリをしているうえに浮気でもされたら、爆発する日は近い。一方、B男といる自分が、相手の優しさに対し図にのってどんどん横暴に我がままになっていくなら、やめておかないと自分が危ない……というふうに、消去法で決める手もあるわけだが、どちらの自分も良くない自分なら、両方ともやめておく勇気を持とう。そうなった時、自分は“男運”が悪いのかもしれない……と思い込まないためにも、自分と自分を比較すること。

しかしこれは、男選びに限ったことではない。人は“自分自身を比較すること”を忘れてる。人と自分を比較するより、また人と人を比較するより、自分と自分をもっと比較すべきなのだ。たとえば“去年の自分”と“今年の自分”をゆっくり比較してみたことがあるだろうか。占いにおける運勢は、“去年の方が良くて、今年は最悪”なんてことを平気で言うけれど、それに合わせて、今年の自分を小さくまとめてしまう必要があるのだろうか?“去年の自分”を知っているから、“今年の自分”をそれよりいい自分、優れた自分にしようと思える……それが人の運勢を良い方に導いていくんじゃないだろうか?

そして、仕事選びでも、仕事と仕事を比較するから“天職”がなかなか見つからないのだ。そうではなくそれぞれの仕事をしている自分と自分を比較する。たとえば、自分が何をしている時にいちばんイキイキしていて、自分が何をしている時にいちばん冴えない自分か、じっくり考えてみるべきなのだ。自分を知っているようで知らないのは、たぶんそれを考えているようで考えてないから。

昔、出版社に勤めていた時、仕事がイヤでイヤでたまらなくて、ともかく会社を辞めたいと毎朝思っていた時期がある。ともかくやみくもに、会社を辞めたいと。何も考えていなかった私は、イヤだイヤだの勢いで本当に会社を辞めてしまうのだが、よくよく考えてみたら、仕事をしている自分はさほどイヤではなく、イヤなのは、毎朝の出勤と組織にいる自分だったことがわかってくる。なのに当時はただ漫然と、仕事をしている自分がイヤと思うばかりで、一日のいろんな自分を比較しようとしなかった。何をしている自分が好きで、何をしている自分が嫌いか……それをていねいに見ようとしなかった。

そう言えば、「何もかもがイヤになってきちゃった」と自分を丸ごと投げてしまうことが、人にはよくあるけれど、それでは自分がかわいそうすぎる。丸投げされた自分の中にも、前を向こうとしている自分が紛れこんでいるに違いないのに。むしろ、そういう時こそ、いろんな自分を比較して、“いい自分”を見つけ出さないと、自分が丸ごとダメになっていってしまう。何もかも一緒くたにして考えてはダメ。自分もひとつじゃなく、いっぱいあって、それが総合的に今の自分を形づくっていること、忘れてはいけない。自分の中から、いい自分、好きな自分、正しい自分を取り出すこと……それが最悪の自分を救う唯一の方法であること忘れずに。人と自分を比較したり、人と人を比較するヒマがあったら、自分と自分を比較しよう。比較とはそういうふうに使うべきなのだ。

“昨日と今日の自分くらべ”が老けない唯一のコツ

自分と自分の比較……それは美容における最大のキモである。いちばんいけないのは、誰かがイイと言った化粧品を「そーお?そーお?」と言って、とりとめなくなぞっていく美容。それでは、自分自身が発しているキレイのヒントをみすみす見逃してしまう。それより大事なのは、昨日の自分より今日の自分を、1ミリでもいいからキレイに見せようとする気持ちなんである。

そもそも人が老けていくのは、“昨日の自分”と“今日の自分”を一切比較せずに、ただ漫然とお手入れを続けているからだ。もっと真剣に、昨日あったキレイが今日ないのはどうしてか?を毎日ちょっとでも考えるクセをつけていたら、人はズルズル老けていったりはしない。もし昨日の夕方、化粧くずれしていたら、それを二度と繰り返さないために、何をしたらいいかと考える。そして、化粧水のパッティングを昨日より30秒長くやってみる。昨日、目のまわりにシワが目立ってきたのなら、今日はアイクリームを少したっぷりめに塗って、目もとに塗るファンデの量を減らしてみるみたいな工夫をする。そういうことを毎日していれば、人はキレイを減らすことも、老けていくこともない。要は、その積み重ねが、美容なのだ。昨日と今日の比較、それをやりはじめると、美容はもっともっとおもしろくなり、手応えあるものになる。だから日々比較、やってみよう。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ