1. デキる女は、生きにくい

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

デキる女は、生きにくい

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

デキる女は、生きにくい

謙虚は、"デキる女"が世間に足を引っぱられないための、お守りのようなもの。

どの世界にもある、力の個人差。すべての集団、すべての仕事に、優れたものと劣ったものが存在する。でも、優れたものが偉くって、力の劣ったものがちっちゃくなっているかというと、じつはそうとも限らない。それがこの世の不思議・・・・・・。昔はそこがもっとフェアだった。学校では勉強のデキる生徒が、明らかに大きな顔をしていた。ところが今の学校では、勉強がデキたばっかりにイジメられてしまうケースもある。同じようなことが、大人の仕事場にも起きている現実を、今は多くの女性が感じているはずなのだ。

どうも、そういうことがありそうだと、みんなが思っているのが、たとえばアナウンサーの世界。だから興味本位で取りあげるのではない、女の職場の縮図みたいなところだから、心をこめてシミュレーションしてみたいのだ、女子アナの世界を。局には毎年数名の“新人”が入社してくるが、その分番組が増えるわけじゃなく、だから政治家みたいに何人かは“落選”していったり引退を余儀なくされる。女優に“定員”はないが、女子アナには明確な“定員”がある上に、競うものも建て前的には“しゃべりの技”、いい役を取る競争はむしろ女優より熾烈とも言われる。しかもそこは芸能界じゃなく、一般企業。先輩後輩、上司部下の境界線は明確。だから新人がいきなり才能を開花させ、仕事が集中すれば、そりゃあ上は気にくわない、想像するだに、軋轢は避けがたい市場だ。急に“売れっ子”になってしまったアナウンサーには、有形無形の嫉妬があるはずで、仕事が他の人に比べて忙しい上に、そういう嫉妬から身をかわさなきゃならない、先輩対策もしなきゃならない。だからデキる女は、とことん忙しいのである。