連載 齋藤薫の美容自身stage2

デキる男とは、生きにくい

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

“浮気をしないデキる男”は十人か二十人に一人しか存在しない。だから今どきの女は孤独なのである。

意外だけれども“デキる女”は家庭を大事にする良き母良き妻であったり、独身を貫いていてもちゃんと恋人がいたりして、プライベートも充実していることが多い。少なくとも、「仕事が生きがい、男は邪魔、私は一生一人で生きていく」なんて考えの“デキる女”はたぶん一人もいないのだ。今は恋愛していなくても、“デキる女”はそれなりに恋多き女。女はどこかでそういうもののバランスをとりながら、仕事をする性だからである。女にとって誰かを愛することと、仕事への責任感はほとんど同じもの。同じハートのなせる業だからなのである。

しかし、男の場合はそこのところがちょっと違う。“英雄、色を好む”という言葉通り、デキる男は、愛情豊かでも、たくさんの女に対し愛情をふりまいちゃったりする。そうかと思えば、恋人がしびれを切らすまで、結婚の時期をあとへあとへと引っぱらせてみたり、小泉首相みたいに「女はもうたくさん」と思ってしまったり、一応デキるとされている男がさまざまに女を手こずらせるのは、周知の事実。おそらく、外で戦いに勝ってくるような男は、もともと男性ホルモンが旺盛であったり、狩猟民族的な要素を色濃くもっていたり、もっと単純にどこか動物的なのだろう。少なくとも家庭的ではない。男のつくりとして、これはどうにも動かしがたいバランスなのである。

そこで女は、ある意味での“究極の選択”をしなければならない。“自分の意のままにはならないが、デキる男”か、“自分の意のままにはなるけれど、あんまりデキない男”か、ふたつにひとつという・・・・・・。ただ、たったひとつの救いは、10人か20人に1人くらいは“仕事もできて浮気しない男”が存在すること。だから私たち女のテーマは、数少ない“浮気をしないデキる男”をめげずにさがすこと・・・・・・に尽きるわけである。 

そういう男には、たとえばこんなタイプがいる。浮気よりも、ずっとエキサイティングな何かを見つけて、打ちこんでいる男。誠実系のスポーツ選手や、スキャンダルとは無縁のヤリ手政治家などはこのタイプ。妻や恋人以外の女を落とすこと、また複数の女を愛すること、それは男にとってひとつの快楽だが、それ以上の快楽と出会ってしまった男は、デキるのに浮気をしない。もうひとつのタイプは、人一倍の正義感によって、何かに大きな使命感を感じてしまった男。話がどうしても極端になってしまうが、無医村にひとり赴任してしまう医者とか、大きな不正と立ち向かっている弁護士とか、社会問題を追い続けているジャーナリストとか?ともかく浮気なんかをしているヒマがない、いや浮気をするような精神的レベルにない男、と言うべきかもしれない。

浮気を男の甲斐性とするのも、浮気や不倫はそれなりのエネルギーを要し、マメさも努力も財力も必要だから、パワフルな男ならそれくらいやってしまうだろうという意味である。そしてそのエネルギーやマメさや努力を他のことに使えば、きっと大きなことができるのに・・・・・・そういう意味でもある。で、その通り、他のことに使った男は、必ず立派なことを成し遂げているという計算なのである。そして、浮気のエネルギーを他のことに使うと、男は不思議に人格者になっていく。だからこそよけい、“浮気をしないデキる男”を、私たち女は足を棒にしてでもさがしまわりたいわけである。

ただし“浮気をしないデキる男”は、女選びの基準も浮気な男とは違う。浮気な男は結婚においても“いい女を落とすこと”をテーマにしてしまいがちだが、浮気しない男は自らと魂レベルが同じ女を選ぼうとする。パートナーを女としてより人として見るような傾向にある。人生の設計の仕方からして、結婚の捉え方からして、浮気な男とはやっぱりぜんぜん違うのである。 

つまり数少ないそういう男をみつけたいならば、まずは自らも精神的に高まっておくしかない。自らも社会性をもっていること、使命感をもつことへの理解があること、そして自らも正義感が人一倍強いこと。つまり、さがしている男と同じ精神構造であるべきなのだ。その結果、“似たもの夫婦”が生まれる。でもだから、こういう夫婦は将来、お互いをきっちりと尊敬し合う、まさしく魂レベルのとても高い夫婦となるのだ。いや“尊敬し合う夫婦”というのは、こういうしくみでないと、なかなか成立しないと言ってもいい。恋愛時代から、単なる男と女を超えた精神の触れ合いがないと、将来の尊敬にもつながらないということ。だから女は崇高な未来のためにも、浮気な男はぜったいに避けておくべきなのである。

デキる男は意のままにはならない。妻として、恋人として、ひたすら大事にされるような暮らしを想定したら、まさに生きにくい。でも、デキる男と生きていくなら、そういうことを覚悟の上で女も人としてデキあがっていないといけない。自分が愛してもらうことや、自分自身が幸せになることを最優先にするのじゃなく。それ以上の志の高さがないとデキる男とは生きていけないのである。

さあ、どうだろう。まさに人生のギリギリの選択。男選びも突きつめていくと、そこまで行ってしまうのだ。いや、どうせならそこまで行ってほしい。そういう男、足を棒にしてさがしてほしい。自らの人生のランクアップのためにも。

“財前な男”か“サトミな男か”?

女としてどっちに惹かれるか?究極の男選択のサンプルとして、最近よく話題にのぼるのがあの『白い巨塔』に登場する二人の医師。“財前な男”は、野心に燃え、浮気もしているデキる男。“サトミな男”は、浮気をしない善良な男。ちなみに今、“財前な男”はずい分減っているような気がするが、かと言って“サトミな男”が増えているわけでもない。デキる男の絶対数が減っているってことかもしれないが、それはそれとしておこう。

“財前な男。”はまさに狩猟系。こういう男に惚れると、ボロボロにされそうだけれど、でもこういう男にからっきし弱いという女はある数いてしまう。苦労するのがわかっていても“浮気なデキる男”を好きになってしまう女は、確実にいるのだ。

そして浮気な男の浮気は、たぶんほぼ一生治らない。“財前な男”を好きになる女は、それをうすうす知っている。かと言って、浮気を許せる寛大さがあるわけじゃない。一生苦しむことがわかっていて、それでもそういう男を選んでしまうのだ。だからすべての女はいつか、“サトミな男”を選んでいく日を形だけでもめざしたい。それまで、こういう人はせいぜい、“デキない浮気男”につかまらないよう注意すべき。百歩譲って、デキる男の浮気は許せても、デキない男の浮気は許せるものじゃない。それが男と女のせめてもの駆け引きなのである。

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ