1. デキる男とは、生きにくい

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

デキる男とは、生きにくい

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

デキる男とは、生きにくい

"浮気をしないデキる男"は十人か二十人に一人しか存在しない。だから今どきの女は孤独なのである。

意外だけれども“デキる女”は家庭を大事にする良き母良き妻であったり、独身を貫いていてもちゃんと恋人がいたりして、プライベートも充実していることが多い。少なくとも、「仕事が生きがい、男は邪魔、私は一生一人で生きていく」なんて考えの“デキる女”はたぶん一人もいないのだ。今は恋愛していなくても、“デキる女”はそれなりに恋多き女。女はどこかでそういうもののバランスをとりながら、仕事をする性だからである。女にとって誰かを愛することと、仕事への責任感はほとんど同じもの。同じハートのなせる業だからなのである。

しかし、男の場合はそこのところがちょっと違う。“英雄、色を好む”という言葉通り、デキる男は、愛情豊かでも、たくさんの女に対し愛情をふりまいちゃったりする。そうかと思えば、恋人がしびれを切らすまで、結婚の時期をあとへあとへと引っぱらせてみたり、小泉首相みたいに「女はもうたくさん」と思ってしまったり、一応デキるとされている男がさまざまに女を手こずらせるのは、周知の事実。おそらく、外で戦いに勝ってくるような男は、もともと男性ホルモンが旺盛であったり、狩猟民族的な要素を色濃くもっていたり、もっと単純にどこか動物的なのだろう。少なくとも家庭的ではない。男のつくりとして、これはどうにも動かしがたいバランスなのである。

そこで女は、ある意味での“究極の選択”をしなければならない。“自分の意のままにはならないが、デキる男”か、“自分の意のままにはなるけれど、あんまりデキない男”か、ふたつにひとつという・・・・・・。ただ、たったひとつの救いは、10人か20人に1人くらいは“仕事もできて浮気しない男”が存在すること。だから私たち女のテーマは、数少ない“浮気をしないデキる男”をめげずにさがすこと・・・・・・に尽きるわけである。