1. 死ぬのはぜったいイヤな時

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

死ぬのはぜったいイヤな時

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

死ぬのはぜったいイヤな時

"やり残しつづけること"が力強く生きるコツ。だから人はあまり早く成功してはいけない。

突然だが、今ここで自分はぜったい死にたくない・・・・・・そう強く思った瞬間はあるだろうか。死を覚悟するような非常事態に追いこまれた時か、さもなければ天にものぼるような幸せの中にある時。もちろん死に直面する恐怖など、進んで味わいたいとは思わない。が、今死ぬのはもったいないと思うほど、今の自分に価値を見出せるのは、それ自体が幸せ。そういうふうに生を意識する瞬間、一度味わっておきたいとも思うわけだ。何年間もずっと片思いしていた人に、初めて想いが通じ、お付き合いすることになったような時、女はたぶん死にたくないと思うのだろう。あるいはまた、競争率100倍くらいの就職試験や、司法試験みたいな狭き門に合格したら、今は何があっても死にたくないと思うのだろう。

つまり、ああ今死んではもったいないと思うような幸せって、3億円の宝くじに当たったような、ちゃっかりした幸せではなくて、もっと地道な努力や忍耐をのりこえた末に手に入れた、手間のかかった幸せに限られる。“濡れ手に粟”的に手に入った幸せでは、そこまで自分の生命に有難みを感じないはずなのである。

罪のない人の死亡を伝えるニュースで、その被害者にまだ幼い子供がいたり、ましてや奥さんのおなかの中にこれから生まれる子供がいるような時、その死はあまりにも惜しまれる、あまりにももったいない。その人がそれまで積みあげてきた人生の重さ、生命の密度に対して、その死のあっけなさがあまりに悲しいということなのだ。

いずれにしても、“ぜったい死にたくない時”は、人の人生において、もっとも充実していて、なおかつ愛する人や愛される人がいっぱいいる時、すなわち自分の手でつかみとった人生のひとつのピークに他ならない。今はぜったい死にたくないと強く感じる瞬間をもてる人は、それだけ人より人生を懸命に生きてきた人、そう言えるのかもしれない。しかしまったく反対に、今の自分の年齢において、やり残したことが多すぎる、まだ未体験なことが多すぎる。だから早いとここの自分の人生を何とかしなきゃ・・・・・・そういうプレッシャーみたいなものがある時も、人は今死ぬのはぜったいにイヤと思うのかもしれない。