1. "いいひと"って誰だろう

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

"いいひと"って誰だろう

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

女は"いいひと"すぎるとキレイになれない。でも、今の時代"いいひと"でないとキレイも逆に目立たない。

“いいひと”は基本的に自分を脅かさない人間を指す。だから、ギシギシに頑張っている人は“いいひと”とは呼ばれず、力を抜いて、戦わない人だけが、“いいひと”と呼ばれてしまうような。だから男は女に“いいひと”と言われることを、あまり喜ばない。「彼? “いいひと”だけど・・・・・・」。そう言われることを、私たち女が考えている以上に恐れている。おそらく男は本来が戦う性で、挑む性で、そして野性の性。だから“いいひと”って言われて安心されてしまうのは本意ではないのだ。

しかし女は逆に、包みこむ性であり、母性の性であると考えれば、“いいひと”として相手に安心されるのは、女冥利に尽きること。ところが現実の女は“いいひと”であることにあまり執着しない。本来もっと“いいひと”を目指すべきなんじゃないか。女は、まず“いいひと”になるより、“キレイ”になろうとしてしまう生き物だ。“いいひと”になることをそっちのけで美容してしまう生き物だ。また一方、マナーを覚えたり、“ひとつ上”の女になるために自分を磨いたり、そういうことに忙しくって、“いいひと”になることを忘れてしまう。

そもそもがキレイになることと“いいひと”になることは、同時進行しなかったりするし、自分を磨くことと“いいひと”になることは、なかなか両立しなかったりする。しかも、キレイが実現していくほど、見た目の“いいひと”イメージはうすれていくし、具体的なマナーを覚えるほど、いわゆる“いいひとっぽさ”は消えていく。女を上げるほど、“いいひと”は減っていくシーソー構造がそこにあるのだ。