連載 齋藤薫の美容自身stage2

“いいひと”って誰だろう

公開日:2015.04.23

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

女は”いいひと”すぎるとキレイになれない。でも、今の時代”いいひと”でないとキレイも逆に目立たない。

“いいひと”は基本的に自分を脅かさない人間を指す。だから、ギシギシに頑張っている人は“いいひと”とは呼ばれず、力を抜いて、戦わない人だけが、“いいひと”と呼ばれてしまうような。だから男は女に“いいひと”と言われることを、あまり喜ばない。「彼? “いいひと”だけど・・・・・・」。そう言われることを、私たち女が考えている以上に恐れている。おそらく男は本来が戦う性で、挑む性で、そして野性の性。だから“いいひと”って言われて安心されてしまうのは本意ではないのだ。

しかし女は逆に、包みこむ性であり、母性の性であると考えれば、“いいひと”として相手に安心されるのは、女冥利に尽きること。ところが現実の女は“いいひと”であることにあまり執着しない。本来もっと“いいひと”を目指すべきなんじゃないか。女は、まず“いいひと”になるより、“キレイ”になろうとしてしまう生き物だ。“いいひと”になることをそっちのけで美容してしまう生き物だ。また一方、マナーを覚えたり、“ひとつ上”の女になるために自分を磨いたり、そういうことに忙しくって、“いいひと”になることを忘れてしまう。

そもそもがキレイになることと“いいひと”になることは、同時進行しなかったりするし、自分を磨くことと“いいひと”になることは、なかなか両立しなかったりする。しかも、キレイが実現していくほど、見た目の“いいひと”イメージはうすれていくし、具体的なマナーを覚えるほど、いわゆる“いいひとっぽさ”は消えていく。女を上げるほど、“いいひと”は減っていくシーソー構造がそこにあるのだ。

実際、よく見ると美形なのに、どうしてもキレイになれない人がいたとしたら、その原因は“いいひとすぎるから”であることがけっこう多い。ステップアップできない原因が“いいひと”すぎることにあるケースはけっこう多いのだ。やっぱり、人と競ってまで人の前に出ようとは思わないのが、すなわち“いいひと”だからである。そして、“いいひと”というだけで、拍手されることなどありえない。“いいひと”なだけじゃあ、どうにも目立たない時代。でも、キレイだからとか、ひとつ上の女になれたからといって、それだけで拍手される時代でももうない。大切なのは、そこ。

人は女をこうやってほめる。あんなにキレイなのに、あの人“いいひと”だよねー。あんなに仕事ができるのに、あの人“いいひと”だよねー。両方そろっていてこそ人は評価される、そういうこと。両方あって初めて、キレイなことも、“いいひと”なことも認められる、そういうこと。片方では両方とも目立たない時代なんである。つまり、“いいひと”は誰かと言えば、他にもいろんな才能や魅力を持っているのに、なおかつ“いいひと”な人・・・・・・。

しかも今のこの殺伐とした世の中では、そういう“いいひと”の評価がむしろ高まってきていると言っていい。いくら頑張っていても、いくら仕事ができても、最終的に“いいひと”じゃないと、その努力が実らないみたいな。最終的に結果を出せない、みたいな・・・・・・。女優やモデルでさえ、人気が出るのはみんな“いいひと”。意地悪で我がままな女優は、今やどう転んでも大成できない時代になっているのだ。

そういう意味では今、よくよく“心の時代”。その気になれば誰でもキレイになれて、誰でも力を発揮できるからこそ、差がつくのは人格、気持ちの正しさ。さて、あなたは“いいひと”だろうか?まわりの誰かがあなたのことを「あの人、“いいひと”だよね」と言っているだろうか?いろんな意味で、人の評価が厳しくなっている今、“いいひと”って呼ばれるのは、そう簡単なことじゃない。何があっても言葉をあらげない、いつもにこやかで穏やかで、何かにつけて、人に優しい言葉をかける。いかにも人がよさそうじゃなきゃ“いいひと”とまでは言われない。“いいひと”の基準も以前より厳しくなっていて、ただ意地悪じゃなきゃ、ひとまず“いいひと”でくくってしまうような、生やさしい時代じゃないのだ。おそらく、女も野心を持つ時代。一見愛想がよさそうでも、じつはおなかの中が複雑な人が増え、それを見抜く人も増えてきたからこそ、なまじのことじゃ人を“いいひと”と認めない。個性と個性のぶつかり合う中では“いいひと”もとても希少な個性となってきたのである。

だから、何らか成し遂げたいなら、明確に“いいひと”をやってほしい。いつも目立ってにこやか、何があっても言葉をあらげない、それだけでいい。その上で、仕事に美容に自分磨きを頑張ってみる。今の時代、記憶に残る女になる方法はこれしかないのである。

“いいひと女”の結婚を占う

中学校あたりの同窓会に出たら、ちょっとチェックしてみてほしい。14、15歳の頃はとっても美人に見えた同級生が、まったく冴えない大人になっていたとしよう。その人、ひょっとしたら“とてもいいひと”なんじゃないだろうか?“いいひと”すぎるくらい・・・・・・。“いいひと”すぎると、素材がよくてもキレイになれないのは、なぜなのか。これはもう、答えは明快。女として無欲だからである。幸せになりたいとか、玉の輿にのりたいとか、得をしたいとか、女としての欲をあんまり持っていないから、キレイも貪欲につかもうとしない。だからキレイが不発に終わったりしがちなのである。

じゃあ結婚面において“いいひと”はどう作用するのだろう。まず“いいひと”すぎると結婚に対する欲も他の女より少ないから、うっかりチャンスをのがしそうだが、こと結婚においては、その欲のなさが逆に功を奏し、結婚相手はわりに早く現れちゃったりして。しかも当然のことながら、一途。二股かけてちゃっかり遊ぼうなんてあまり考えないし、「もっといい男を待とう」という打算もないから、早く手を打ち、わりに早婚になるという計算。だいたいが、まともな男なら結婚ばかりはなるべく“いいひと”な女としたいと思うわけで、“いいひと”になるのを忘れて、結婚相手をさがしまくる女は、だから結果としてチャンスをのがす?

Edited by 齋藤 薫

公開日:2015.04.23

Serial Stories

連載・シリーズ